遺言の夢は何を暗示している?

遺言の夢は何を暗示している?

遺言の夢は、今のあなたが人生について考えるべき時に来ていることを暗示しています。人生の変化に対応することができるようになるべきだと、潜在意識で感じているからです。


夢の中で誰かが書いた遺言書が出てきたり、遺言を聞かされることになったりしたら、夢があなたに何か課題があることを告げています。何かするべきことをしていないのではないでしょうか。これからの人生で後悔することがないように、今すべきことを考え直すときがきたという知らせであると夢占いでは考えます。運気が変わる時にいるのかもしれません。


また、自分が遺言書を書く夢は、自分がやりたいと思っていることや、やり残したように思われることがハッキリと分かりつつあることを意味しています。自分で遺言を書く夢を見たら、この先後悔することのないよう、目標達成に向けて行動をしてみるのもおすすめです。

 

もしかしたら、今さらやってもしょうがないと思うことかもしれません。しかし、気になりつつ放置しているのなら、今が取り掛かるチャンスです。

 

 

関連の夢

#祖父母の夢 #亡くなった親しい人の夢 #家族の夢 #タンスの夢 #引き出しの夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す