裁判の夢は何を暗示している?

裁判の夢は何を暗示している?

「裁判」の夢は、現実世界の自分が強い罪悪感を覚えている時に見やすいです。

 

法廷に立たされ、裁判長から強い口調で叱責されたり、検事から同じく激しい言葉で攻撃される、このような夢を見た場合、リアルの自分が自責の念に苛まれている可能性大です。

責任感が人一倍強い方ほど、ちょっとした事でも自分を責める気持ちを持ちます。 自分のせいで家族に迷惑をかけていないだろうか、先輩や同僚に仕事上の負担をかけていないだろうか、こういった気持ちが大きくなり過ぎると自責の念となり、知らず知らずのうちに強烈な自己嫌悪と罪悪感を持ってしまうのです。

実際には罪とは言えない出来事なのに、仕事上でちょっとしたミスをしてしまった、家族にお金の面で迷惑をかけてしまった等、こういった現実世界での失敗が、自己嫌悪を増幅させる要因になります。

特に元々真面目で責任感が強い方ほど、自分を必要以上に責めやすく、現実世界での激しい自責の念が夢に悪影響を与えます。裁判所で有罪判決を受ける、検事や裁判官に叱責される等、このような光景を見た時はリアルの自分自身を休ませる必要があります。

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す