弁護士の夢は何を暗示している?

弁護士の夢は何を暗示している?

夢占いにおいて弁護士の夢は「誰かに自分の悩みを相談したい」という願望を暗示しています。弁護士という職業は、弱者の権利を守る正義としての役割も持っていることから、「自分の利益を優先するべきか、正しいことをするべきか」といった選択を現実で迫られている時に、こうした夢を見ることが多いです。
どちらを選択するべきなのかは、その時の状況にもよりますが、弁護士の夢を見ている時点であなたの潜在的無意識は、正しいことをしたいという強い気持ちを抱いていることを留意するべきでしょう。


もしも夢の内容が鮮明で、具体的に弁護士が言っていたことを覚えていたのならば、忘れてしまう前にメモしておくことをおすすめします。内容が非現実的なものだったとしても、実は現在の悩みを解決する際に重要なポイントになる可能性が高いです。


また夢で登場した人物が顔見知りであった場合、悩みの解決に役立ってくれることが多いのでこちらもメモしておきましょう。

 

 

関連の夢

#法律の夢 #事件の夢 #調べる夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す