失明の夢は何を暗示している?

失明の夢は何を暗示している?

自分が失明してしまう夢は怖いものですよね。今まで見えていたものが、目の前で真っ暗になってしまうことは夢占いではあまり良い兆しではないことが多いです。


もし失明して絶望していたり、恐怖になっていたりしたなら、何かしらのトラブルに巻き込まれる可能性を暗示しています。逆に夢で見ることで回避のチャンスもありますので、最近トラブルになっているような出来事を書き留めて整理するなどしていくと良い方向へ進みます。


一方、失明になりながらも手探りでなんとかしようとしているのであれば、それは現状を打破しようとする前向きな気持ちが夢に現れていると言えます。例えば恋愛で修羅場になっている場合や、難しい仕事を任されている場合などが挙げられます。


そのような夢の場合は、最後まであきらめず自分を信じて前に進むことがより良い状況を作り上げていくことでしょう。いずれにしても、失明の夢を見て感情が揺さぶられるとは思いますが、一度深呼吸をして落ち着いて気持ちを整理しましょう。

 

 

関連の夢

#杖の夢 #案内の夢 #事故の夢 #病気の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す