火の夢は何を暗示している?

火の夢は何を暗示している?

「火」の夢はなんとなく不吉なイメージがありますが、エネルギーの象徴でもあるため吉夢であることも多いです。

 

基本的には、炎の大きさや煙の色によって意味が変わってきます。 自分の洋服が燃える夢は、心配事がなくなり幸先の良いスタートを切れることを表し、ロウソクの火などでやけどする夢は、日頃の努力が報われ成果が現れることを表します。

勢いよく燃える炎は運気の上昇を象徴しており、何か良いことが訪れたり、近い未来に嬉しい知らせがあることを告げています。何をしても上手くいく時期であるため、新しいことに挑戦してみるのも良いでしょう。

一方、火を消したり消えてしまったり、火がつけられなかったりする夢は、運気が下がっていることを象徴しています。仕事や恋愛でトラブルが生じたり、意欲が落ちたりすることが考えられます。しかし、悪い意味にとらえるのではなく、自分への警告だと思いトラブルを回避するように普段よりも慎重に行動しましょう。

 

 

関連の夢

#煙の夢 #非常ベルの夢 #消防士の夢 #サイレンの夢 #消火器の夢 #火事の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す