介護の夢は何を暗示している?

介護の夢は何を暗示している?

自分が誰かを介護するという夢は、周りの大切な人間が弱っており、それを助けなければならないという己の責任感の表れです。夢占いによれば、起こりうる現実に対して準備しなければならないことを、自分がはっきりと理解していることを暗示しているとされています。


また、自分が介護をされている夢を見ることは、周りに自分を慕ってくれる人間がおり、その人間に対する信頼の表れです。介護は普通、子が親や祖父母になすことが多いですが、自分が今まで大切に思いそのように接してきた人間に対し、恩を売っているという自覚の表れでもあります。


介護士に介護される夢の場合は、自分の体の弱い過去が作り出した孤独や不安の表れです。今の人間関係に満足してないか、一人や孤独を好む人が見る傾向にあります。
しかし、裏を返せば新しい人間関係の始まりともとれます。体が弱くその場から動けないなりに、関係を構築していく手段はあるという明るい希望を含んでいる夢ともとれます。

 

 

関連の夢

#おむつの夢 #スプーンの夢 #ベット(ベッド)の夢 #ボランティアの夢 #家族の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す