消す夢は何を暗示している?

消す夢は何を暗示している?

何かを消す夢は、その対象によって夢占いの意味合いが異なります。

 

一般的に「消す」ことの多いものといえば、電気の照明や紙などに書かれた文字、データや記憶に関することなどです。

夢の中で部屋の明かりを消したのであれば、何かの区切りの時期が近づいていることを暗示しています。明かりが消えることは、ほかの場所へ行くことや帰ることなどにつながりますので、ターニングポイントとなります。希望していることがあれば、思い切って決断してみると良いでしょう。

文字を消すことは、自分の気持ちに迷いがあることの象徴です。文字が大きければ大きいほど悩みが大きいことの暗示ですので、鉛筆で書いた文字を、消しゴムを使って書き直す夢を見たときは、その文字の大きさを思い出してください。悩んでいることがあれば、身近な人に相談することがおすすめです。

データを意図的に消した夢の場合は、何かを忘れたいという気持ちがあることの暗示です。いつまでも過去を振り返ることをやめて前を向いて進みましょう。

 

 

関連の夢

#失敗の夢 #テストの夢 #隠す夢 #苦情の夢 #後悔の夢 #過去の夢 

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す