拝む夢は何を暗示している?

拝む夢は何を暗示している?

拝む夢は誰かに助けてほしい、救って欲しいという気持ちをあなたが持っている意味を示しています。

そのために精神状況があまり良くない時に見ることが多いです。拝む対象によっても夢の意味が多少違ってきます。

 

まず最初に仏や神に拝んでいる場合は吉夢です。今の状況に対して問題が解決出来たり、自分の願いが叶う可能性が高いです。

それに加えて仏や神があなたに対して言葉をかけてきた場合は良く聞いておきましょう。物凄く重大なメッセージとなり助言となります。

次に仏壇の前で拝んだ夢は先祖に深い気持ちがあることの暗示です。家族が亡くなった人が見ることが多いです。中々心の傷を癒すのは難しいですが、悲しい気持ちを押し殺さずに表面に出すことで気持ちが少し楽になります。

最後に朝日を拝む夢を見た場合は今辛い気持ちや悲しい気持ちを抱えていても、近々あなたに幸せが訪れることを暗示しています。今辛くても毎日を精一杯生きることで幸福があなたに訪れます。

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す