占う夢は何を暗示している?

占う夢は何を暗示している?

占う夢をみるということは、人生の分かれ道に立っていることを意味します。

 

例えば転職や結婚など、人生が大きく変わるような出来事が起こるかもしれないということです。 占いが良い結果であれば良い方向に向かう可能性が高いですし、悪い結果であれば注意が必要だということを暗示しています。

占いの結果を聞いても、良いことだけを信じる方や、全てを受け止める方など、結果の受け取り方は人それぞれですが、占いに行くという行動そのものが、誰かにアドバイスを受けたいという意味でもあるので、夢で占ってもらった予言は大切にしなければなりません。

先ほど良い占い結果が出た場合、良い方向に向かう可能性があると述べましたが、夢でみた占いの結果は願望が表れていることがありますし、悪い占い結果の場合は不安などの気持ちが出る場合もあります。

しかし、死を宣告された占いの場合、実は幸運が訪れることの暗示でもあるように、悪い結果は悪いことへ導かれるということではないため安心して下さい。

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す