会議の夢は何を暗示している?

会議の夢は何を暗示している?

会議は仕事上に必要な業務であると同時に、退屈であるとか面倒なものであるなどのイメージが強いものです。少人数での話し合いと大規模な総会など、会議の規模によって暗示する意味合いが多少異なりますが、共通しているのは「前に進むことが停滞する」ことを意味する傾向にあります。

 

数人での話し合いなどの小規模な会議の場面を夢で見た場合には、身近な部分で解決できずに滞っている問題が残っている可能性があります。些細なことでも放っておくと、あとに面倒な事態になることもありますので、気になることがあればチェックしておくことが大切です。

参加人数は問題点の多さを象徴しているため、夢の中での会議への参加人数が多くなるほど、トラブルの原因となる項目が多いことを暗示しています。順調に進めていけるはずの仕事や、恋人との恋愛関係がスムーズに行かない場合に、一度立ち止まって原因を振り返る機会とすることができますので、この夢を見たことを良い方向へ変えていくチャンスととらえましょう。

 

 

関連の夢

#会社の夢 #机の夢 #社長の夢 #書類の夢 #上司の夢 #同僚の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す