【2022年の月見はいつ?】秋の金運を爆上げしたいならお月見!金運アップのための正しいお月見作法とは

初秋の風流な行事・お月見。涼しい秋の訪れをしみじみ感じますよね。

実は、お月見を正しく行うことで金運を爆上げする効果があるんです。

 

金運アップになるお月見は何をするのか、どんな食べ物を食べるのか、そして月見はいつ?

 

金運アップに期待できる正しいお月見方法を風水師の颯樹先生に教えてもらいました。


久しぶりの行動制限の無い夏休みはお出かけしたり、帰省をされたりする方も多かったのではないでしょうか?


楽しい夏休みが終わり、ふと気が付けば「お金を使いすぎてしまった!」なんて感じている方もいるかもしれません。

そして、冬のボーナスまでには金運をしっかりとアップしておきたい方もいらっしゃるでしょう。


今回は冬までに金運アップしたい方のために、この秋たった3日あることをするだけで金運が上がる方法をお伝えしたいと思います。

 

もう少しも無駄にできない!失敗しない人生を歩むために!! 完全無料占い一覧へ≫

 

収穫の秋だからこそ


秋と言えばお米や果物などの収穫もあり、収穫祭を行う地域も多いですね。

 

秋という季節を運氣で言えば、これから何かをするというよりも今までの成果を受け取り感謝する時期といえるでしょう。


今回ご紹介する金運アップ方法は、秋だからこそ今までやってきたことの努力がより多く実るための金運アップ方法だと思って下さい。

この秋金運アップする為の方法とは…?


ずばり「お月見」です。

誰もが中秋の名月という言葉を知っていると思います。


旧暦では7月から9月が秋にあたる為、8月の真ん中15日の月が中秋の名月にあたります。

これを今の暦に直すと9/7~10/8にあたるのです。


今年2022年の中秋の名月は9/10です。

2022年はちょうど満月とも重なります。

(中秋の名月は満月とは限りません)


スピリチュアル的にも、とてもエネルギーの強い日といえるでしょう。

 

お月見って実際何をするの?


お月見は知っていても実際にやったことはないという方がほとんどでしょう。

 

元々宮中行事だったこともあり、庶民が楽しむというのは地元の収穫祭だったからでしょう。

宮中では盃に入れたお酒に月を映して飲む月見酒をして楽しんだようです。


現代の私たちも、もちろん月見酒をして楽しんでも良いかもしれません。

そして、更に金運アップするお月見の為に用意するのは3つのお供えです。

 

≪無料占い≫すべて無料だから超安心! 人生も恋愛も仕事も迷いがあるなら要チェック!!

お月見のお供え①…ススキ


ススキは秋の七草のひとつです。

神様の依代としての役目と、白い雄花が稲穂に似ていることや鋭い切り口が魔除けになると考えられ供えられるようになりました。

 

お月見のお供え②…月見団子


丸い団子を月に見立てて感謝の気持ちを表しています。

 

団子の数は十五夜なら15個(5個でも可能)で、ピラミッドのように重ねます。

一番上の団子が霊界との懸け橋になるといわれています。

 

団子は苦手という方も、この時期菓子屋さんでは月に見立てたクッキーやケーキなども販売されています。

 

何かお気に入りのお菓子を購入して備えてみてはいかかでしょうか?

 

 

お月見のお供え③…農作物


里芋、枝豆、栗など収穫されたばかりの農作物を供えて豊作に感謝をします。

 

中でも中秋の名月は「芋名月」とも言われており、里芋を供えるのが一般的です。

 

丸い里芋の煮物を作ってお供えするのが良いでしょう。

 


これら3つのお供えをして、月を愛でながら今までの努力や感謝を神様にお伝えして過ごせば金運アップします。

 

せっかく月見をするなら気を付けたい!運氣を落とす片見月!


中秋の名月は十五夜だけではありません。

実は十三夜にもお月見をするのです。

 

この十三夜の月と十五夜の月、どちらか一方だけのお月見することを片見月といい縁起が悪いことと言われています。

 

2022年の十三夜は10/8です。

十三夜は豆名月、栗名月とも言われていますから、豆や栗を13個(あるいは3個)お供えしましょう。

 

知られていない三回目のお月見


実はあまり知られていないのが三回目のお月見の日です。


十日夜(とうかんや、とうかや)と呼ばれる最後の月は稲刈りもすっかり終わった時期にあります。

十日夜は2022年は11/3にあたります。

 

十五夜、十三夜、十日夜の3日間とも月が出るととても縁起がいいと昔から言われてきました。


特にお供えは要りませんが、お気に入りのお茶やお酒を飲みながらお月見をするといいでしょう。

 

まとめ


いかかでしたか?

十五夜は知っていたけれど十三夜や十日夜は知らなかった人が多いかと思います。


三日間すべて天気が良ければ更に運も開けそうです。

 

しかしたとえ月が見えなくても月のエネルギーはしっかりと地球に届いています。

収穫に感謝しお供えをすれば、必ず金運も上がります。


今までお月見なんてしたことが無かったという人も、ぜひ今年はチャレンジしてみてください。

 

完全無料占い≪的中鑑定多数!!人生も仕事も恋愛もすべてがうまく回り始める…!?≫

颯樹

author:颯樹

颯樹(そうじゅ) 「玄関と寝室でビジネスの成功は決まる!」をモットーとして人生で勝ち続ける為の風水・四柱推命鑑定を行う鑑...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着さちこい無料ピックアップ
  • 人気さちこい無料ピックアップ

目的から占いを探す