【2022年全体運】タロット「間取リーディング」手法で見る2022年の全体像と行動別の運氣UP方法

場のミスマッチをリーディングして運を転じる方法を鑑定する、いずみ玉樹先生オリジナル占術「間取リーディング」。

この間取リーディングの手法で全体的な2022年の運勢・どんな年になるか、2022年の場を活かした行動別運氣UP方法をアドバイスしてもらいました!

 

間取リーディングとは

皆様こんにちは。

 

間取リーディング師のいずみ玉樹です。

オリジナル占術で「間取リーディング」の鑑定をしています。


初めて耳にする方のために簡単に「間取リーディング」について説明をしますね。 誰でも一度は、どうもこの場所に来ると落ち着かない、居心地が悪い、疲れる……

 

などと感じたことがあると思います。

 

そういう場所には大抵「場と人のミスマッチ」が起きているのです。

 

間取リ―ディングでは、ミスマッチが起こっていないかを「間取り図」からリーディングし、

 

タロットやペンジュラム等を使って

「運を転じる流れを作る方法」

をお伝えさせていただいています。

 

今回は、間取リ―ディングでも使用するタロットカードを使用して

 

・2021年「年末の過ごし方」
・2022年「全体像」と「行動別の運氣UP方法」

 

をお伝えしたいと思います。

2021年末にしておく、来たる2022年の準備

コロナ禍によって生活が一変した2021年。
2022年は「再生」の時期となるでしょう。

 

まずは今年のうちに来年への準備をしておきましょう。

 

再生への準備として疲れを感じた時は、その疲れの根本は何なのか?


にスポットをあてるようにしてください。

 

早めに気づき対処していくことで、厄も落ち、動きやすくなります。

 

※ただし、2022年の節分までは「油断は禁物」です。

 

年末の過ごし方として、来年に向けての抱負をゆるくイメージしましょう。


ノートなどに書き留めて置くのもいい感じです。

 

そして、31日の大晦日にしっかり来年の目標を立てましょう。


イメージした抱負を想い浮かべながら寝ることで、あなたの願いが叶いやすくなります。

 

2022年の全体像と2022年の場を活かした行動別運氣UP方法


それでは、2022年の全体像をお伝えします。

 

2022年は

「見るべきを観、見えざるも観、軸を持って見据え先へと向かう年」。

 

2021年の余波が残る春までは、ご自身の中の「あるべき」とか「あり得ない」などのこだわりに目を向けて、しっかり確認した方が良い時期となります。

 

そこから、自分軸を整えていくことで、2022年は悪しきを逃し、良き方向へと進んでいけるでしょう。

 

「縁」も思い切った選択をすることで、新たな段階へと行くようです。

 

※「縁」は、人や物だけでなく「場」にもあります。


最後に、行動別の運氣UP方法をお伝えいたします。

 

積み重ねてきた事を続けて行きたい人


概念に囚われず、柔軟な対応をしていきましょう。


感覚が研ぎ澄まされ、思いがけないところに繋がっている道に気づく可能性があります。


夢や目標の実現に向けて、作業効率がUPしていきますよ。

 

準備が整ってこれからが本番の人


アクシデントに躊躇せず、チャンスと捉えて向かいましょう。


能力を最大限に発揮する「場」へのチケットの受け取りは、アクシデント時の対応次第


出逢いたい「縁」をイメージしながら動いてみましょう。

 

心機一転、今から始めますの人へ。


体調を整えながら、周りも見直しましょう。


引き続き「常識は非常識」

「非常識は常識もアリ」な年になります。


朱に交わらず自身の色を見定めて行けば、良縁への扉は目の前に現れます


見逃さずに立ち開きましょう。

 

 


2022年は色々と試される流れとなりそうですが、それだけに得るものも多い年となりそうです。

 

感謝感動を忘れずに、日々を大切に過ごしましょう。
そうすることで、あなたにとっての至福に気づける機会は訪れますよ。
 

いずみ玉樹

author:いずみ玉樹

いずみ玉樹(いずみたまき) 幼少の頃、異空間世界に遭遇し不思議な夢を見始めカードから未来を観る力を手に入れた先生。 ...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着さちこい無料ピックアップ
  • 人気さちこい無料ピックアップ

目的から占いを探す