氷の夢は何を暗示している?

氷の夢は何を暗示している?

冷たさがある氷は夏場であれば、冷ややかで気持ちの良さを感じることができます。反面で直接触れると、皮膚の感覚が無くなってしまうこともあるため、安易な取り扱いはできません。 そんな氷の夢は、いくつかのことを暗示しています。

 

ひんやりとしているため冷たい感情や、健康が低下をすること、断絶などもそうです。固まる前は流れる水であり、生命力や感情の象徴でもあります。

ところが、いったん冷え切り氷に変化をして夢に出てくると、健康がイマイチになることや、感情の冷やかさを表すので油断はできません。 人間が幸せに暮らすために欠かせない、健康での問題が起きることや、対人関係でもトラブル勃発を警告することがあります。周りとの断絶も含まれるので、何か障害が待ち受けていたり、孤独感を強く感じる出来事が待ち受けているかもしれません。

薄く張った氷の上に自分が立っている夢であれば、状態はとても不安定ということです。現状を再確認して、安全に対処できる方法を考えるようにしましょう。

 

 

関連の夢

#アイスの夢 #溶ける夢 #冷凍庫の夢 #凍る夢 #冬の夢 #雪の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す