頂上の夢は何を暗示している?

頂上の夢は何を暗示している?

夢の中で山の頂上に立っている時は、非常に充実した感情を抱いている現れです。山は困難なことを象徴しており、それを登るという行為自体が困難を乗り越えていくことにつながります。

 

今まで努力を続けた結果、それが実を結んだのが頂上といえるでしょう。仕事で掲げていた目標を達成したのかもしれませんし、その一歩手前まできているのかもしれません。

また、気持ちが満ち足りた状態なので、自分の人生に満足している事も暗示しています。山はとても神聖な場所で、古来の人は畏敬の念を抱いていました。山の頂上に立つということはとても清々しい気持ちでいますし、後ろ暗いところもありません。人に親切にしたり、ボランティアに参加するなど人のために役立っているという充足感も得ています。

頂上が高ければ高い程、大きな壁や障害にぶつかったということでもあります。雲の上まで登っているようなら、人生において大きな目標を達成したところと考えられます。

 

 

関連の夢

#山の夢 #空の夢 #登山の夢 #朝日の夢 #雪山の夢 #富士山の夢

 


あなたは他にどんな夢を見ましたか?
さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す