バス停の夢は何を暗示している?

バス停の夢は何を暗示している?

バス停の夢を見たときは、人生の転換期や出発する時期が近付いていることを暗示しています。バス停というのは、バスが到着するまで待つ場所であり、到着したら乗り込んで目的地まで運んでもらうことになります。

 

そのため、もしバス停の夢を見たものの、ずっとバスが来なくてイライラしたような気持ちに陥ったときは、計画した将来設計がスムーズに進んでいないことを意味しています。そして、乗る予定のバスを逃がしてしまったときは、人生において後悔していることがあるという暗示です。

 

新しい人生の出発点である一方で、バスに乗るかどうかを迷うところなので、プレッシャーやストレスがかかっています。夢の中でバス停の近くに見知った人がいたのであれば、その人がこれからの人生において重要なアドバイスをくれる可能性があります。

 

誰もいない場合は、新しい出発を邪魔する人がいないという解釈もできるので、そのまま突き進んでいけると前向きに考えるようにします。

 

 

関連の夢

#バスの夢 #電車の夢 #行列の夢 #学生の夢 #通勤・通学の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す