幼虫の夢は何を暗示している?

幼虫の夢は何を暗示している?

幼虫というのは、卵から産まれて成虫になるまでの間の成長過程の虫のことを指します。つまり、人間で例えると産まれてから大人になるまでの期間という事です。そのようなことから、まだ成長過程にある期間のことを意味し、これからまだまだ成長し、準備期間であるなどの意味を示しています。

 

幼虫の夢を見た場合、その幼虫に対してどのような感情を感じたかや、変化によって今の現状の方向性が分かります。

 

ついさっきまで幼虫だったのに成虫に変化していた場合は、今あなたが行っている事は、今後良い方向に向き開花していく可能性があるでしょう。家庭や仕事、勉強などあなたが積み重ねて頑張ってきたものが実り、周りにも評価され向上していくことも期待できます。

 

逆に、成虫になる前に死んでしまったり、嫌な気持ちになった場合は健康面や仕事運、あなたの身の回りでの運気が低下していることを意味します。

 

体調不良や急な予期せぬアクシデントなど、不運なことが起こる可能性があるかもしれません。

 

 

関連の夢

#クワガタの夢 #カマキリの夢 #カブトムシの夢 #庭の夢 #蝉(セミ)の夢 #春の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す