遺書の夢は何を暗示している?

遺書の夢は何を暗示している?

夢の中に出てきた遺書はあなたが人生の目標を立てる必要性や、取り組むべき課題があることを示しています。後悔のないように、今何をすべきか、今後どうすべきかを考えなさいという警告夢です。

 

自分が遺書を書いている夢は、見た人の年代によって解釈が変わります。比較的若い人が見た場合は、人生の転機が来ていることを教えてくれています。今の自分に満足できない状態で、何か新しいことを始めたい、古い自分を捨てて新しい自分になりたい、そんな気持ちの表れです。

逆にある程度年齢を重ねて、現実に死を意識し始めた年代の人が見た場合は、自分の人生を振り返っている心理状態です。まだ活力は十分残っているので、第二の人生をどう過ごすか、新たな生き方を探してみるのもよいでしょう。

何を書こうか迷いながら遺書を書いている場合は、これからどうやって生きて行くべきかという迷いや不安を表しています。やり甲斐を失っている時にもよく見る夢と言われます。

他人が書いた遺書を読んでいる夢は、目標達成が近づいている暗示です。これまで努力を続けてきた人は、このペースで日々邁進していきましょう。

 

 

関連の夢

#自殺の夢 #手紙の夢 #弁護士の夢 #遺言の夢 #家族の夢 #死ぬ(死んだ)の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す