お告げの夢は何を暗示している?

お告げの夢は何を暗示している?

神や仏や妖精などの霊的なものが夢に出てきて、これから自分がどうなるのか、どのような行動を取るべきなのかなどを、実際に言葉で伝えてもらうことができるのが、お告げだと言われています。

これらは神や仏などからの助言や警告であったり内容はさまざまですが、その内容に注意して行動したり自分の考え方をしたり、或いは変えたりすることで、運気が高まっていくとされています。

 

このような夢は、何もない時には見ないのが普通で、仕事や恋愛や友人関係とか、家族が病気であったりなど、悩み事や心配事などでいろいろ考えていたりする場合などに、突然のように見たりします。必ずしも迷信とは言えず、深層心理から湧いて来るアイディアや考えなどが、睡眠中にあたかも現実のように見えたり、言葉で聞くことが助言となることもあります。

夢だからと言って無視するのではなく、夢で見たお告げの内容をよく思い出してみて、それを自分なりに検討してみることも大切です。何か思い当たることはないか、そのお告げの内容が自分が取るべき行動として相応しいか害はないのかなど、参考になるなら試してみるのも一つの手です。

 

 

関連の夢

#神様の夢 #願う夢 #祈る夢 #鳥居の夢 #参拝の夢 #神社の夢

 


あなたは他にどんな夢を見ましたか?
さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す