壁を登る夢は何を暗示している?

壁を登る夢は何を暗示している?

壁を登る夢を見た時は、自分の目の前に困難がある状態を指し示しています。

 

ちょっとの努力では解決できない問題があり、その事で困っている時に夢を見るというケースが多いです。前に進む必要があるにもかかわらず、進路の邪魔になるような場所に壁がある場合は、その壁を登る事さえできれば、問題の解決が容易になるという事でもあります。

同時に、大変な努力と労力が必要になる事も指し示していますが、諦めずに挑戦する事によって問題解決に繋がるでしょう。困難があっても、諦めずに粘り強く対処し続けると良いです。

また、順調に壁を登っている夢を見た場合は、混乱に負けない強さを秘めているという意味になります。問題解決のための力が十分に備わっている証拠となるので、過剰に不安を抱えこむ必要はありません。自信をもって物事に臨むとうまくいきます。

ただし、壁を登る時に苦労している場合や、登りきれない場合などには要注意です。自分の力を信じきれていない場合や、自分の手に余る問題を一人で片付けようとしている際に見るケースが多いです。

 

 

関連の夢

#蟻(アリ)の夢 #行き止まりの夢 #脱出の夢 #落ちる夢 #失敗の夢 #山頂の夢

 


あなたは他にどんな夢を見ましたか?
さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す