売る夢は何を暗示している?

売る夢は何を暗示している?

売る夢が暗示するのは、夢を見ている人の損失や喪失、消費をあらわしているといわれています。

 

時間や能力、エネルギーなどを売ったり、自分を売り込むことで自己アピールを暗示していると考えられます。本人が何かを売ろうとしている場合、会社の利益に貢献したり、勉強や仕事の成績が上がるなど、夢を見た本人の働きや努力が周囲に認められている暗示になります。

自分の持ち物を売っている場合は、相手が持ち物を欲しがっていると出会いのチャンスを暗示しており、無理やり売りつけようとしていたなら独りよがりの恋愛をしています。

相手から頼まれても、持ち物を売らない夢の場合は、チャンスを逃してしまっているかもしれません。

食べ物を売っていたのであれば、現在自分の金運が上昇しているあらわれですが、肉を売っている場合性的な奔放さをあらわしています。こういった状態の人の多くは、不倫や三角関係に巻き込まれやすい性格をしているので注意が必要です。

 

 

関連の夢

#店の夢 #商店街の夢 #デパ地下の夢 #スーパーの夢 #デパートの夢 #本屋の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す