留守番電話の夢は何を暗示している?

留守番電話の夢は何を暗示している?

留守番電話の夢を見たときは、夢占いの観点から判断をすると、人とのコミュニケーションで不安やトラブルを抱えていることを意味しています。電話というのは人とつながる重要なツールですが、留守電になっているということは、相手と話すことができないということです。


あなたは相手との関係を構築したいと考えているのに、相手からはないがしろにされていることを不満に感じていることが考えられます。ただ留守番電話というのは決して悪い意味だけでなく、実は良い意味も持っています。

 

自分からかけた電話が留守電になるときは、寂しさや孤独を抱えていることが多いですが、向こうからかかってきたときは、留守電にメッセージを残していることがあります。そんな時は、これからあなたに幸運をもたらすような新しい人脈や出会いが構築されることを意味しています。

 

出会いの運気が上がっていることを意味しているので、自分から積極的に行動をすることをおすすめします。

 

 

関連の夢

#着信の夢 #テレフォンカードの夢 #電話がなる夢 #電話の夢 #無言電話の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す