本棚の夢は何を暗示している?

本棚の夢は何を暗示している?

「本棚」は知識のメタファーであり、夢の中に登場した棚に隙間があれば、新しいスキルや情報を欲しているサインとなります。不思議なもので、知れば知るほど、世の中には自分の頭では分からない物事があると自覚します。

本棚が少し空いているようであれば、本を数冊購入してみましょう。専門書や実用書で新しい情報を仕入れる事で、自分の知らない世界に触れられたり、あるいは知識のアップデートが成し遂げられます。

 

夢に出てきた本棚があまりにも空っぽだった場合は、知恵やデータを大量に欲している状態です。いわゆる情報不足な状況で見る夢ではなく、元々好奇心や知識欲が旺盛な方が見やすい夢の光景です。図書館のような建物に自分がいて、空っぽの本棚を見つけている、これは「世界にはまだまだ自分の知らない不思議がある」と悟った深層心理の暗示です。

本当に賢い人ほど、自分の無知を自覚しているとよく言いますが、まさに空っぽの本棚こそ、逆に天才肌の人物が見る悟りの境地を予感させるメタファーです。

 

 

関連の夢

#学校の夢 #図書館の夢 #本の夢 #読書の夢 #勉強する夢 #書店の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す