行き止まりの道の夢は何を暗示している?

行き止まりの道の夢は何を暗示している?

夢に登場する道は、これから歩んでいく人生の象徴であり、過去から未来までの暗示でもあります。

 

そのため夢に出てくる行き止まりの道は、道を間違えていることを知らせています。 会社経営や資産運用などの経済活動であれば、現在の計画に重大な欠陥があることを警告しています。

恋愛ならば、恋人との関係が行き詰っていたり、不倫などで出口が見えないことを示しています。

また起業など、何かを新しく始めようとしているのであれば、今後の計画に不備があることの暗示でもあります。たとえ夢であっても行き止まりなのですから、先に進むことはできません。 強引に進んでも収穫はありませんし、自分が傷ついてしまうこともあります。このような夢を見た場合は、もう一度自分の人生や生活環境をしっかりと見つめ直すことが大切です。

もちろん、自分一人で考え込むのではなく、できる限り多くの人と議論したり、頼りになる相手にアドバイスを求めたりすることが必要となります。

 

 

関連の夢

#脱出の夢 #落ちる夢 #迷路の夢 #見たことがない場所の夢 #路地の夢 #壁の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す