満月の夢は何を意味している?

満月の夢は何を意味している?

夢占いで満月の夢は、大きな幸運が訪れることの暗示。
何一つ欠けることなく光る月の姿は、完全を意味しており、大きな成功を掴むチャンスの到来を告げているのです。
何かやってみたいことがあれば、挑戦することをおススメします。きっとうまくいくでしょう。
ただ、基本的に満月は吉兆ですが、夢の中で月が雲に隠れるといった展開になっていた場合は、現在の成功が脅かされる危険を警告するものになりますので、注意しましょう。

 

 

赤く輝く満月の夢を見たら


あなたがストレスを抱えていることを伝える危険信号
仕事などのスケジュールに余裕を持たせたり、気分転換をしてリラックスしたほうが良いでしょう


ただし、赤く輝く月を見て良い印象を持った場合は、パワーがみなぎっている状態。
積極的に行動すると、運気アップ
が期待できます。

 

 

明るく輝く満月の夢


明るく輝く満月の夢は、幸運の象徴
満月が明るければ明るいほど、訪れる幸運は大きなものになります。


満月が月明かりに照らされて輝いていた場合は、成功、素敵な出会いなど良いことが起こる暗示
意欲的にいろいろなことに挑戦することをおススメします。

 

 

2つの満月が出てくる夢


この夢は、運気の上昇を暗示しています。
特に、金運と仕事運のアップが期待できます。仕事で成果を出すことができたことで、給与がアップするかも。


満月が2つ以上出ていた場合、その数だけ幸運が訪れることを表しています。

 

 

関連の夢

#月の夢 #天窓の夢 #星座の夢 #神殿の夢 #屋上の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す