厄払いの夢は何を暗示している?

厄払いの夢は何を暗示している?

厄払いのそもそもの由来は、神様や仏様に対して厄を洗い流し幸せを願う気持ちを表すものとされています。別の意味としては、身を清めるという意味から厄や不幸などを洗い流すという願いもこめられています。


そんな厄払いの夢は夢占いでは、いくつか解釈があります。例えば、普通に厄払いを受ける夢を見た場合、あなたの悩みや困りごとを洗い流すことを暗示しています。

 

厄を払ってもらっているとき、夢の中でのあなたの気持ちはどうでしょうか。もし楽しい気持ちや嬉しい気持ちの場合は、期待していることや叶えたいことがより高まってきていることを示しています。


一方で、不安な気持ちや切ない気持ちについても、これから良くなる方向に進んでいけることを表していると言えます。自分では無く誰か別の相手が行っている場合は、その相手が知り合いであれば、何か期待していたり困っていることを洗い流したいと思っているのかもしれません。

 

現実世界ではそれを予兆していることもあるので、声をかけてみると良い兆しが示されます。

 

 

関連の夢

#祈る夢 #神社の夢 #拝む夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す