面接の夢は何を暗示している?

面接の夢は何を暗示している?

現実でも面接は評価を意味します。夢での面接結果は、現実とは逆になる逆夢と言われることが多くあります。

 

夢で合格すれば現実では不合格になることを暗示します。 面接に不合格だった夢の場合は、現時点では不安や自信喪失の気持ちの表れです。不合格でひどく落ち込んだ場合は、うまくいくようにコツコツ努力をするので状況が好転する可能性が高くなります。

しかし不合格でも平気だった場合は、現実においても夢の通りの結果になってしまいます。 面接に合格だった夢の場合は、みんなに自分を認めてもらいたいという気持ちの表れですが、高い評価をもらうためにはまだ努力が足りていないということを暗示しています。

自分が面接官をしている場合は、リーダーになりたいという思いとともに、その自信と実力の表れと考えられます。現実では自信がありすぎて、周りに不快な思いをさせるような言動を取らないよう注意する必要があります。

どちらにしても、自分のしてきたことやこれからすることについて一度振り返り、気を引き締めて努力を続けることを意識するきっかけにしてください。

 

 

関連の夢

#受験の夢 #会社の夢 #テストの夢 #緊張の夢 #アルバイトの夢

 


あなたは他にどんな夢を見ましたか?
さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す