カメラマンの夢は何を暗示している?

カメラマンの夢は何を暗示している?

カメラマンというのは、一般的には報道などの形で多くの人に自分の撮った写真を伝えることが仕事です。もちろん、単に内輪での趣味目的のために写真を撮るカメラマンも中にはいるでしょうが、夢占いにおいては、通常は、一般的な存在が象徴するものが夢の中に現れたと考えます。

 

多くの人に自分の撮影した写真を見て欲しいということは、言い替えれば自分をもっとアピールしたい、自分をもっと分かって欲しいと思っていることを暗示しているのかもしれません。もちろん、誰にでも多かれ少なかれこのような感情はあるはずですが、他の何でもないカメラマンが夢にあえて現れたということは、そのような感情が普段よりも強まっていることが考えられます。

 

これまで、こっそりと努力してきたことを認めてもらいたいという感情の表れかもしれませんし、あるいは今の自分は過小評価されていて、本当の自分はもっと評価されて然るべきだという不満がたまっているのかもしれません。

 

 

関連の夢

#カメラの夢 #ビデオカメラの夢 #運動会の夢 #子供の夢 #旅行の夢 #モデルの夢 #ファッションショーの夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す