やり残しはない!?2020年12月の運勢【前半】牡羊座~乙女座

2020年12月の運勢を西洋占星術で12星座別に解説します。2020年中にあなたにやり残したことはないか、さらに年内のうちにやっておいたほうがいい事なども紹介しています。

年も差し迫ってまいりました。
 

今回は、気になる12月の運勢と、2020年のうちにやっておいたほうがよい事を12星座別にご紹介していきたいと思います。 皆さまが幸せな年末を過ごすヒントになると幸いです。
 

★牡羊座2020年12月の運勢

牡羊座は2020年、特筆すべき星座です。

ここ数年、「なんだか、ついてない・・・」と思った牡羊座の方がいらっしゃるとしたら以下の理由があるように思います。


(1)グレートコンジャンクションとも呼ばれる木星と土星、加えて冥王星も山羊座に出入りをしている
※木星・土星・冥王星など動きの遅い天体は個人ではどうすることもできない、社会的・対外的な影響を与えるといわれています。

山羊座とおひつじ座はスクエアの関係とよばれ、一般的にはあまりよい相性とされていません。

 

(2)火星の牡羊座入り

通常考えると火星にとって牡羊座は居心地のよいサインのはずですが、火星の象意として物事をより明確化する、また物騒ではありますが争い(よい意味ではスポーツ)、事件・事故などの側面もあり、昔は凶星の扱いをする占星術師が多かったのです。

 

思わぬ犯罪で捕まったり、事件にあった方は2020年、残念ながら牡羊座生まれの方が多くいらっしゃったようです。


そんな牡羊座の方におすすめなのは、残りの12月、とにかく心を落ち着けて欲しいことと、来年に向けてリフレッシュしてほしいことです。

 

例えばヨガをしたり、落ち着いて読書をしてみたり、物質的なものに目を向けるよりも人の内面や、未知のものなどを知り、興味を持ったりして新しい自分を発見する取り組みをしてはいかがでしょうか。


とにかく自分優先で癒して欲しいのが、牡羊座の皆さんへのアドバイスです。

 

気になる牡羊座(おひつじ座)の今日の運勢はこちら⇒

★牡牛座2020年12月の運勢

何年か前から牡牛座には天王星が滞在していて、天王星の象意はずばり『変革・発想の転換』などです。

大きな変化があったり、忙しい思いをした牡牛座さんが多かったのではないでしょうか?


そして最近は、もうそのペースにも慣れてきたころかなと予想します。

なんだかんだで、2020年中はあまりひどい出来事もなく、恩恵を受けられた運勢でしたよ。
今後も3つの大きな天体が山羊座にあるうちは、よい角度なので、ささやかでもほんのり幸せを感じる出来事が続くでしょう。


ただ、天王星の影響はまだまだ続くので、あと5年ほどはさまざまな変化に取り巻かれる運勢かもしれません。

牡牛座さんへのアドバイスは、そのような変化に胸を張って立ち向かって欲しいということです。


気になる牡牛羊座(おうし座)の今日の運勢はこちら⇒

★双子座2020年12月の運勢

8月頃金星が双子座を去ってからは、いままで充実していたこと、楽しみ事が思うように回らなくなってしまった双子座の方もいらっしゃるかもしれません。

3つの大きな天体の入室する山羊座との角度も悪く、双子座は「審判」のような扱いを受けます。


思わぬ逮捕者が双子座からでたりしているのは、『正義』をあらわす牡羊座の火星の影響、牡牛座の天王星の影響で「隠されていたものが暴かれる」時期にあたるからです。

ただし、良い方向へ影響を受けた方は、やけに勘が冴えていて普段では考えられないほど直感で行動してしまったことが成功へつながったり、スピリチュアル関係でのよい出会いのあった1年だったと思います。


引き続き、『隠されたもの・インドアな自分』に興味を持つ時期が続くでしょう。
引きこもりすぎにならない程度に、自身の趣味・楽しみ事を極めるとよろしいでしょう。

 

気になる双子座(ふたご座)の今日の運勢はこちら⇒

★蟹座2020年12月の運勢


社会貢献やボランティアなど、国境や人種を超えたつながりに興味を持つ暗示。
そしてそれが開運につながります。

 

前から興味のあった国のことを調べてみたり、ボランティア活動をしているなかで恋人や、大切な友人が出てきたり・・・。
ついつい安心感を求めて周りの友人でつるみがちなあなたかもしれませんが、心配りは人一倍で、もともと人気のでる要素は持っているので、心配しなくても案外すんなり溶け込めるでしょう。

 

一方、ここ数年で始めた新しい習い事や趣味などで人間関係がよく、〝性にあってるなあ〟と感じるものがあれば、その関係を大切にしてくださいね。


あなたにとって良い影響がそこからもたらされる暗示です。
そして、活動的な運勢はまだまだ続きます。

 

気になる蟹座(かに座)の今日の運勢はこちら⇒

★獅子座2020年12月の運勢

12月の運勢としては、楽しみ事や恋愛をあらわす金星との角度は残念ながら悪く、ケンカしてしまったり、予定のキャンセルがあったりとのゴタゴタがあるかもしれません。
ただし、牡羊座の火星の恩恵を良い方向にうけられる暗示もあるので、一発逆転、もうだめだと思っていたところでうまくいったり、少しの頑張りや耐えるだけで結果的により良いものが残せたりと、こちらはラッキーな方向への手助けをしてくれるかもしれません。
体調も、頭痛にさえ注意すれば問題ないはずです。

 

なにかと注目されやすくて、年齢関係なく「人生の山場」を天王星の影響から受けている獅子座の方に覚えてほしいのはテクニック。

真正面から、自分の意見で行動するのが合っている方ですが、この運気は一人で突破しようとすると辛くなる場合もあります。
他の人の意見、情報を集めること、「外堀から埋める」やり方も一考されることをおすすめします。


12月はメリハリをつけて、レジャーと仕事、両方充実できるよう計画をたててみてください。

 

気になる獅子座(しし座)の今日の運勢はこちら⇒

★乙女座2020年12月の運勢

外国や遠いところ、異文化などに縁のある運気で、またラッキーなキーワードになります。


乙女座の方はわりと保守的で、ルーティンワークのような日々をともすると送ってしまいがちですが博識であり、探求心もあるため何か新しい趣味や、興味を持ったものを探るとセンスよくこなせます。


ユーチューバーなど、映像や最近のバーチャルを使った活動で人気がでるかもしれません。
細やかな心配りもあり、一部熱狂的なファンがつくのが典型的な乙女座の人気の出方です。

「異世界での自分」が開運へのキーワードなので、クリスマスなどもひとりで過ごすのはもったいないですね。


リモートでもよいので、気の合う仲間と、ワイワイ楽しく過ごすのがおすすめ。
それがふだんの友達ではなく、サークルや新しく知り合った趣味仲間などならよりGOODです。

 

気になる乙女座(おとめ座)の今日の運勢はこちら⇒

★おわりに

激動の2020年ももうすぐ終わりということで、今回は12星座別12月の運勢と、今年中に意識してやっておいて欲しい事のおすすめを解説してみました。

 

次回は、後半の6星座、天秤座~魚座までを紹介したいと思います。
 

麻実

author:麻実

麻実(あさみ) 鑑定実績は約5,400名以上。 タロットをはじめとするカード占いをメインに、遠い過去から現在、そして未...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す