ドーナツの夢は何を暗示している?

ドーナツの夢は何を暗示している?

ドーナツの夢が暗示するものは、その食べ方や扱い方によって異なります。

 

店で買ったものあるいは自作したドーナツを食べて美味しかった夢は、恋愛や仕事などの対人運が上がっていることを意味します。

反対に美味しくなかった場合は、運気が全体的に下がっており、対人関係のトラブルが予想されます。原因になりそうな人はいないか、周囲を注意深く観察してみましょう。

1人ではなく誰かと分け合ってドーナツを食べている場合、一緒に食べている人との関係が深まることを表しています。片思いの人がいればチャンスが近づいている可能性があります。

ドーナツを作っている夢は、周囲の誰かに幸運が訪れることを意味します。さらにそれが美味しかった場合、自分も共に喜べるような状況になるでしょう。 ドーナツをもらう夢は、自分が先輩や上司といった目上の人たちから好かれていることを表します。もらっているときに迷惑に感じたら、目上の人からの親切を素直に喜べていないのかもしれません。しかしそれは、独立心が強くなっている兆候なので、前向きに捉えることもできます。

 

 

関連の夢

#お菓子の夢 #甘い夢 #スイーツの夢 #蜂蜜の夢 #おいしい夢 #子供の夢

 

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す