ランプの夢は何を暗示している?

ランプの夢は何を暗示している?

真っ暗闇の中、光り輝く「ランプ」は希望を暗示させます。

 

今現在、現実世界の自分自身が非常に苦しい環境に立たされている、そういった状況下だと暗闇の森や常闇の洞窟を、恐る恐る歩く夢をみやすいです。 そういった光景だけでは、現実の自分がただただ不安やストレスに怯え、心身共に疲弊している事を暗示します。

しかし、真っ暗闇の中でも手元に明るく輝くランプを持っている光景であれば、むしろピンチがチャンスに変わろうとしている吉報を予感させます。

ランプの輝きの強さはそのまま希望の強さを示すメタファーです。小さな灯りだったとしても、夢の中でどんどん大きなともし火へと成長してきたら、それはとても良い未来の予兆です。たとえ現実世界においては苦難に遭遇していても、ランプが登場する夢を見るのであれば、自分のハートには逆境に立ち向かう精神力が宿っている証拠です。

ランプの灯りに導かれて、常闇の洞窟を抜けるという夢であれば百点満点です。現実世界の自分が日々頑張っており、いずれその成果が明るい未来を呼び寄せる暗示となります。

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す