巫女の夢は何を暗示している?

巫女の夢は何を暗示している?

夢占いにおいて巫女は、精神的な安らぎや癒しを求める気持ちを表すとされています。ただし、自分が巫女になっている、巫女に会ったなどのシチュエーションによって意味は大きく変わります。


自分が巫女になっているという夢の場合は、恋愛運や家庭運が低下している可能性があります。自分自身が巫女になることで、宗教や精神的な世界、オカルトにのめり込んでいることが考えられ、それが原因で恋人や家族と上手くいかなくなっていることが夢として反映されていることが考えられます。運気を上げるためには、あまり宗教などにのめり込みすぎないように気をつけて、身近な人を大切にすることが重要です。


恋人などが巫女になっている場合には、相手の気持ちがなくなっていることを暗示します。別に楽しい価値あるものを見つけた、という意味合いになります。

巫女に会ったという場合には、吉夢になります。知識や経験を上手に引き出して活用することによって、精神的に成長できる機会があることを表しています。

 

 

関連の夢

#神社の夢 #鳥居の夢 #お守りの夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す