お通夜の夢は何を暗示している?

お通夜の夢は何を暗示している?

夢占いでは、お通夜の夢は縁起が良いものと考えられています。お通夜は、人が亡くなったときに行われるため、不吉の前兆と考えてしまう人も少なくありません。

 

しかし、夢占いでは全く逆の考え方を表現していると判断しています。基本的に、人の死に関連する夢はそこからの成長や期待を暗示しています。これは、自分の死であっても変わりありません。

 

例えば、自分が死んでしまう夢を見たときには、これまでの自分の殻を破って、新しい自分へと変わることを示唆していると考えられています。お通夜でも同じで、それまでの状況から一区切りがついて、新しい段階にステップアップする暗示です。このステップアップには、様々なものが含まれています。恋愛運だけではなく、仕事に転機が生まれたり、新たな発見をすることができたり色々です。

 

お通夜には、回復や過去の清算といったことも含まれていますので、過去に存在していた何らかのしがらみから解放される可能性もあります。

 

 

関連の夢

#急ぐ夢 #留守番電話の夢 #電話が鳴る夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す