犬を飼う夢は何を暗示している?

犬を飼う夢は何を暗示している?

夢占いで犬を飼う夢の意味は、登場する犬の大きさや色、数などによって異なってきます。大きな品種を飼っている夢は、自分に何かを支配したい願望があることを表していて、その犬は自分が制御したい対象の象徴です。


一方、小型を飼っている場合は、家庭をもち子どもを育てたいという気持ちを意味します。また、自分もそのように愛されたいという気持ちの表れでもあります。


飼っている犬が白色なら、運気特に恋愛運の上昇を暗示していて、楽しそうにしているほど大きな幸運が訪れます。反対に黒色なら不吉な事が起こる前触れです。自分および身近な人が病気や怪我をしないように注意しましょう。その犬が、大きく獰猛であるほど災いも大きいことを表します。


何匹も飼っている夢は、自分を気にかけている人がたくさんいることを意味します。たくさんの犬が自分になついているなら、恋愛が上手く行くことを表しています。

ただし、犬同士の喧嘩が目立つようなら恋愛のトラブルが予想されるので、交際は慎重に行うのが良いでしょう。

 

 

関連の夢

#犬と散歩する夢 #愛犬の夢 #犬に噛まれる夢 #添い寝の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す