パン屋の夢は何を暗示している?

パン屋の夢は何を暗示している?

パン屋の夢は人恋しい自分の心を表しています。

 

パン屋は良い香りがしてあたたかいイメージ、誰もがホッとする場所の象徴です。そんなパン屋が夢に出てきたときは、自分が人恋しく誰かに優しくしてほしいという時期です。

この夢を見たら、少し疲れているかもしれない自分をいたわってあげて下さい。 おいしいものを食べる事や、好きな趣味に時間を費やすなど、自分の中の愛をチャージするつもりで生活しましょう。無理は禁物です。ゆっくりした休養が必要な時もあるかもしれないし、積極的に人と交わることが癒しになることもあるかもしれません。

自分の心に耳を傾けて、自分がやりたい事を優先的にしましょう。 いずれにしても、人の愛が心を癒してくれるので、実際にパン屋に行って手作りのパンを購入するのも良いかもしれません。心の充電が切れかかっている時期なので、引越や転職などの自分に関わる大きな決断事は避けて、この時期をやり過ごすことをおすすめします。

 

 

関連の夢

#朝の夢 #コーヒーの夢 #食べる夢 #紅茶の夢 #働く夢 #サンドイッチの夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す