押し入れの夢は何を暗示している?

押し入れの夢は何を暗示している?

畳の文化が廃れつつある現在、押し入れがないという家庭も少なくないかもしれませんが、押し入れはあっても、暗くて狭いというイメージです。 夢の中でそんな押し入れに入っているとしたら、あなたは現在悩みごとを抱えていて、出口が見えない状態にあるということを意味しています。

 

そして、その狭さと居心地の悪さは、あなたが何とか現状を打破したいという気持ちのあらわれでもありますが、悩みが解決するのは、まだ少し先のことだと言わなければなりません。

押し入れの中の暗さというのは、悩みごとやトラブルの深さを示しています。真っ暗で何も見えないようでしたら、今はじっと我慢の時だと思ってください。

しかし、夢の中で押し入れの襖が少し開いていて、そこから灯りが漏れているような場合は話が別です。その一筋の光は、あなたの助けになってくれる誰かが現れることを暗示しているからです。 ひとりで悩みやトラブルを抱えているのなら、思い切って誰かに相談してみてはいかがでしょうか。その人こそが、暗闇を照らす光となってくれるかもしれません。

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す