【転職】適職は?タイミングは? 転職占いの効果的活用法はコレ!

「年功序列・終身雇用」の崩壊で「転職」がキャリア形成の主流に。とはいえ「いざ転職」となるとなかなか一歩が踏み出せない・・・。そんなアナタのために!キャリアコンサルタントでもある筆者が「転職占い」を活用した実践的転職術を伝授します。

いまや「転職」でステップアップはキャリア形成の主流。


しかし・・・。


「今の会社を辞めていいのか?」「新しいところでやっていける?」


不安が尽きませんね。
そんな時にこそ活用したいのが「転職占い」。


「適職」から「時機」まで、具体的なヒントがたくさんgetできます。

 

相性鑑定でも無料で見られる!うまくいかない恋愛もバッチリ解決!! ▼無料相性占いを見る▼

 

「転職」をするまえにやるべきこと

まずは冷静に「自分分析」を!

「転職」を考えるとき…
「仕事内容は?」「お給料は?」「勤務時間は?」「勤務地は?」…etc
と気になることがたくさんあるのですが、まずは冷静な「自己分析」が必要です。


「ん?自己分析?具体的にどうやるの?」

 

はい。まずは、この質問に答えてみてください。
 

「どうして転職したいのか?」


どうですか?

どんな答えが浮かびましたか?


ただ漠然と思うだけではなく、文字にして書いてみるといいですね。


この「答え」で「転職待った!」なのか「転職にGO!」なのかかがわかります。

 

「転職待った!」の「答え」はコレ!

「どうして転職したいか?」
の答えが次のようなものだったら、「転職待った!」です。

 

・今の職場の上司と合わないから
・今の職場の人間関係がよくないから
・今の仕事が嫌だから他のことをしてみたい


つまり、「現状が嫌だから」では、「転職待った!」なのです。


「嫌だから違う職場に」ならば、次の職場でも同じ「宿題」が来ちゃうんです。
たしかに「上司」とも「同僚」とも「相性」はあります。
たまたま、いま居る職場が、相性の悪いひとばかり…ということもあると思うのです。


でも…!
「他人と過去は変えられない」。


まずは、「自分」が変わらないかぎり、やはり、「上司とのトラブル」「同僚とのトラブル」は、次の職場に「宿題」として持っていくことになります。


ただ「現状」が、身体を壊すほどの激務だったり、パワハラ、セクハラが横行しているのであれば、「我慢しなきゃ・・・」ということはありません。


「会社」は「個人」を完璧には守ってくれません。


もし、「ブラック」な環境に身を置いているのであれば、むしろ積極的に転職を考えてください。

 

「転職にGO!」の「答え」はコレ!

それでは「転職にGO!」の答えは・・?


・やりたいことがあるから
・ステップアップしたいから
         ・・・・・etc

 

視点が「現状の嫌なこと」ではなく、「将来の目指すところ」にあればその「転職」はOKです。


「やりたいことがある」だから「○○に転職したい」

であれば、今やっている仕事は「卒業」


ということ。
次のスッテプにGO!です。

 

「転職」占いはこうやって活用しよう!

「占い」は古代からの叡智

「自分に確認」→「転職にGO!」となったとしても・・・


「そのやりたいことは、自分に合っているんだろうか?」
「ステップアップしたいのだけど、何が一番自分に合っているんだろう?」


という不安が出てきますよね。


「職業適性テスト」の類はたくさんあるので、それらを活用することはもちろんですが、ここで活用してみたいのが「転職占い」です。


「占いは非科学的だ」と思われるかもしれません。


確かに「科学的」に証明はされてはいません。

 

しかし、「占い」の歴史は長い。

「占い」に何かしらの信憑性があったからこそ、長い歴史を経てまで現代に伝わったと思うのです。


その古代からの叡智を使わない手はありません。

 

転職を占うには「何占い」がいいの?

「古代からの叡智」である「占い」。
「占い」は大きくわけて三種類あります。


「命占」「相占」「卜(ぼく)占」の三種類です。


「命占」は生年月日を基にして、「先天運」から短期~長期までの「後天運」を読み解いていく占いです。

西洋占星術、四柱推命、算命学、気学・・・等が「命占」にあたります。

「命占」でわかることは、「適職」と「時機」。
自分にはどんな「適職」(何に向いているか)と、「時機」(行動するのはいつがいいのか)ということがわかります。


「相占」は、「手相」や「顔相」が代表的ですね。
その人の「特性」「適性」がよくわかります。
「命占」は生年月日が同じだと同じ傾向が出るのですが、「相占」は、「そのひとオリジナル」。

なので、より「自分に合ったもの」のヒントが得られます。


「卜(ぼく)占」は、タロットカードや、易などがあげられます。
「卜(ぼく)占」の場合は、「もしこの仕事を選んだらどうなるんだろう」という「これからの展開」の予想が得意分野です。


「転職」を占うときは、これからを上手に組み合わせて活用していきます。

 

自分のやりたいこと と占いの結果が違っていた場合は?

さて、「転職占い」に行ってみたはいいのですが・・・。


「デザイナーになりたいと思って占ったもらったけど、公務員など、手固い職業のほうがいいと言われた・・」
というとき、どうしたらよいでしょうか。


せっかくの転職への意欲が下がってしまいますよね。


「転職占い」のときは、「向いている職業名」で考えるよりも「その職業の傾向」に焦点を当ててください。


たとえば、先ほどの例であれば、「公務員」という職業から「組織の中で、決まったことをきっちりとやる」というイメージが湧いてきますよね。


なので「デザイナー」としては、まったくのフリーランスで自分の好きなことだけ自由にやるというスタイルよりも、組織に属してクライアントの意向をきっちりと反映できるデザイナーのほうが向いている、と解釈できます。


あるいは、「時機」に関することでも、「今は転職の時ではない」と言われた場合。


「すぐにでも転職したい」ときに、こう言われてしまうと、やはりモチベーションが下がるし、不安になってしまいますよね。


これは「今は動くときではなく、その前の準備期間」ということ。


「転職」して即戦力となれるよう、「自分磨き」のときだと考えてください。


その職業に転職するにあたってのスキルを身に着けるためには絶好のチャンス到来と考えてもよいでしょう。

 

「自分分析」と「古代からの叡智」を上手につかってよりよい「転職」を

いかがでしたでしょうか。


「転職」を考えるときは、まず「冷静な自分分析」を。


そして、「古代からの叡智」である「占い」を合わせることで、より自分にあった職業、タイミングで転職ができるはずです。

 

あなたは知っていますか?結婚するために必要な条件は… 【完全無料結婚占い】を見る!

 

美猫

author:美猫

美猫(びねこ) 福岡市中央警固で「フォ―チュリングサロンBeneko(びねこ)」を主宰。さまざまな占術や心理学を学び、独...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す