占い師が教える★悩みに合った占術の選び方

さまざまな占いの占術のなかから「こんな悩みにはこんな占術がよい」など、占いの選び方に関するコラム。これから占い師を目指す方へのヒントや、また自分がどのような占術でみてもらえると相談内容にしっくりくる答えが得やすいのかなどを、ご紹介します。

昨今のコロナ禍により、自宅でも可能な占い師の重要が増し、そして占い師自身になりたいと思う方が増えていると聞きます。


では、たくさんある占術のなかからどのような占術を勉強すればよいのでしょうか。

まずはお客様のターゲット層から解説し、そしてご自身の個性ともマッチした占術を選んでいただく参考になりましたら幸いです。


また、悩み相談に対して最も適している占術は何なのかと、いまいちわからないという方にも今回の記事をご一読いただけたら参考になるかもしれません。

 

 

恋愛相談

最近やはり断トツに多いと感じるのが「恋愛相談」です。


では、恋愛相談のなかではどのような内容がおおいかというと、『相手は自分の事をどう思っているのか(片思い、両想いに関わらず)』『彼とは別れてしまうのか』『他の男性からアプローチされているがどちらとつきあうべきか』などなど、確かに恋愛をしていれば誰でも迷ってしまいそうな内容ですね。

 

その他としては、『そもそも彼とは相性がいいのか』や『結婚はできるのか、できるとしたら、いつ?』なども比較多い悩みといえます。

 

 

どのような質問についてアドバイスしたい?

上記の内容を分けるとしたら、
①今現在の状況を知りたい
②根本的な特徴(人物として性格や特徴)を知りたい
③いつ頃結婚できるかなど、少し遠い未来が知りたい

と分けることができます。

 

ではその前に、占いには大きく3つの種類の占術があります。

・命占
・卜占
・相占

 

命占とは、生まれもった性質をみることです。
多くは、統計学の分野となります。

 

卜占とは、その瞬間から近い未来を予想することができます。
あと、現状把握ですね。

 

相占は、人相や手相から上記どちらの内容も占うことが可能です。

 

 

この3種類の占術に対応するのがそれぞれ

命占…四柱推命、西洋占星術、算命学、数秘術、インド占星術など。
卜占…易、タロット、ルーンなど。
相占…手相、人相など。

 

このうち、①の対応分野として強いのは卜占、②に強いのは命占、③はどちらも兼ねますが、よほど極めた占い師ではないと細かいところまでは占えないのと、流派により違いがでたりもします。

 

ですので上記の特徴を把握して頂いて、「今すぐの状況のアドバイスをしたい」と思ったなら卜占を、「そもそもの特徴を把握して説明してあげたい」「長いスパンでの運勢を教えてあげたい」と思ったなら命占を、「相手や本人をみてアドバイスしてあげたい」と思ったなら相占を、それぞれ習得されるとよろしいと思います。

 

独り身で恋愛下手のあなたへ-全て無料で占える恋愛占いがこんなにいっぱい!即チェック!!

 

向いている性格と占術

「本当はそんなものはない」と言い切りたいところですが、やはり占い師の性格などの特徴により、向いている占術と向いていない占術は多少あるようには感じます。
しかし、これも同じ占術を長くやっていると、自然と本来の性格とは違ったスタイルの接客態度になるという事も考えられるかもしれません。

 

 

例えば、①のような比較的すぐに答えが欲しくて、多くの場合切羽詰った恋愛相談を主に受けている場合はどうでしょうか。

 

状況を知るために多くはお客様の話をきちんと聞くのと、第3者としてみた場合どのような印象を持つのかを踏まえて占う場合が多いため、比較的カウンセリングの要素に長けている方が向いていると言えるでしょう。

 

デリケートな状態のお客様をなるべく刺激しないように傷つけないようにするため、ソフトなイメージの占い師さんが多いと思います。

 

 

②のような相談をする方は、もちろん悩んではいるのですが、比較的ロジックな方法で答えをだすことを求めている場合が多く、結構だめならだめとはっきりいわれても「なるほど」と納得してかえられる方が多い傾向があります。
そもそも命占は統計学に基づいているため、「それは違います!」と言ったところで変えようがないからです。


ただし、特徴を掴んで「この方はこういう考え方をするから、こうしたら?」などのアドバイスは可能です。

比較的はっきり物が言えるひと、ロジックな説明に強いかたは命占の占い師として向いています。

 

 

③人相や手相などのいわゆる相占はけっこう人気なので、これから占い師を目指す方にはおすすめします。


やはり、「私だけ」「僕だけ」の占い結果として人気がでるのだと思います。
ところが、手相、人相などは筆者が知る限りかなり難しい。必要なものは、集中力と、そして何より〝場数〟が必要になるからです。


ですので、手相に長けた占い師さんに質問すると必ず何度質問しても、年数を空けて行っても、まったく同じ事しか言ってもらえないはずです。
そこまで極めた方は稀少な存在でしょう。


ただ、「結婚線」「転職など人生の分岐点」などをみる方法は、案外書籍などをよむだけでも、正しく、そして測ることができれば当たるはずです。

 

 

おわりに

今回はこれから占い師を目指している方、そして質問は決まっているけどどのような占術で占うのがいいのか迷っている方に対して、具体的に説明をさせていただきました。


できれば参考にしてみて、あなたにピッタリな回答を教えてくれる占い師さんを見つけられるといいなと思っています。

 

望みが叶う恋愛術 無料の恋愛占いから学ぶ恋の叶え方! たくさん見ても完全無料 ≫

 

麻実

author:麻実

麻実(あさみ) 鑑定実績は約5,400名以上。 タロットをはじめとするカード占いをメインに、遠い過去から現在、そして未...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す