占いによって結果がちがう?!…慌てなくても大丈夫です!

占いブームともいえる昨今、巷には様々な占いがインターネットやアプリ、本などの媒体を通して、私たちの目に触れることも多くなってきました。そんな中、様々な占いを利用していると、時に全く反対の結果が出ることもあり、どうしたら良いのかわからなくなってしまう人もいるかも知れません。そういう時にどのように受け止めれば良いのか…今回は、そうしたことについて書いてみたいと思います。
 

 

西洋占星術に算命学、タロットカードにオラクルカード…。
ご存じのように占いには、様々な種類があります。

 

占い師のところに行った時はもちろん、インターネットやアプリなどで占いをするときも、占術によって全く違う結果が出ることもあるでしょう。

 

今回は、何故そのようなことが起こるのか、またどのように対処したら良いのかを少し書いてみます。

 

現役占い師多数!無料で恋愛指南してもらえるなんて…見なくちゃ損!!!

占いには分類がある

占いには膨大な種類がありますが、それらがある一定のルールで分類されていることを皆さんはご存じでしたでしょうか。

これまでも何度かコラム内で触れたことがありますが、それを一般には占いの「3術」と言います。

様々な占術は、その分類のどこかに必ず属していることになり、それぞれの特徴や得意分野によって分かれているのです。

 

まずは、その分類について以下にご紹介してみたいと思います。

 

命(メイ)

 

生年月日(時間)を元に、人の宿命及び運気・運勢を推測する。

【占術】
四柱推命、紫薇斗数推命、宿曜占星術、西洋占星術、数秘術、九星気学、算命学、0学占い 等

 

ト(ボク)

 

その時々の偶然を元に人が関与する事件や事柄の吉凶を占う。物事の予測と状態を推測する。

【占術】
周易、断易、銭占(コイン占い)、ルーン占い、タロット占い、ダイス占い、ダウジング 等

 

相(ソウ)

 

姿・形に表れたものを通して性質や行動パターン、起こりやすい物事や人への影響、吉凶を占う。

【占術】
姓名判断、印相、人相、手相、家相、墓相、風水、夢占い 等


以上が占いの3術と、それに属する主な占術です。

このように、ひとくちに「占い」といってもそれぞれに特徴があり、どれもこれも同じなわけではないということがおわかりいただけたのではないかと思います。

では次に、この中でも一般にアプリなどでよく利用されている「命術」と「ト術」について、もう少し詳しく書いていきたいと思います。

 

もう少しも無駄にできない!失敗しない人生を歩むために!! 完全無料占い一覧へ≫

命術の特徴

西洋占星術や四柱推命、算命学や数秘術などは、全てこの「命術」というカテゴリーに分類されています。

 

すぐに気づかれたかも知れませんが、これらはすべて「生年月日」をもとにした占いです。

この生年月日をもとに、その人の特性やその時々の運気、運勢などを占うわけですが、それは簡単に言うと、オギャアと生まれ落ちた1人の人間の持って生まれた性質や傾向、またその人生をどのようなサイクルでどのように生きていくのか…というような、いわゆる「人生単位の地図や予定表」のようにものであるといえるでしょう。

 

生年月日は固定されたものですから、もちろん基本的に変更はききません。

でもそのかわり、変わらないからこそ長期的な展望や現在の運気の流れなどを的確に調べることができるのです。

 

例えば恋愛占いであれば、いつ頃良い出会いがありそうか、または結婚に相応しい時期を知ることだけにとどまらず、意中のお相手との関係性や相性なども調べることができます。


その一方でこの命術の弱点は、「具体的な答えには不向き」ということです。

同じような恋愛占いでも、「相手の気持ち」や「どのような場所でどんなタイプの人と出会うか」等々のことはわかりません。

 

つまり、運勢や相性などから「おそらく○○のような気持ではないか」「多分△△のような状況になりやすい」など、概ねの傾向は答えることができても、ピントを絞り込んだ前述のような答えをズバッということはできないのです。

ト(ボク)術の特徴

次にト術の占いについて触れてみましょう。

ト術の占いには、タロット占いやオラクルカード、ダウジングや易などが含まれます。

 

特徴としては、偶然に出てきたもので具体性のある答えを導きだす…ということです。

もう少し詳しく言うと、現在の状況で現在の心理状態と行動のままに進めばどのような結果が出るか…ということを調べることができるということになるでしょう。

 

恋愛占いでも先に書いていた「相手の気持ち」や「どのような場所でどんなタイプの人と出会いそうか」等の答えをピンポイントに占うことができます。

ですが、あくまでも「現在のままでいけば」という前提のもとに占うわけですから、言いかえると「行動」や「気持ち」などが変化すれば、その結果は当然変化してきます。

短期間的なことを占うのに適していると言われるのは、あまりに長期のことをみると、その結果にブレが大きく出てくる可能性が高まるからでしょう。

ト術の弱点は、その「ブレ」であり、さらには生年月日でわかるような根本的な相性などもわかりません。

そのかわりに命術ではできない、詳細で具体的な事柄をその都度占うことができるのです。

占いによって違う結果が出る

このように、各占術には得手・不得手があるということがわかっていただけたのではないかと思います。

また、それぞれのカテゴリーの占いは「みている部分が違う」ということも、何となくご理解いただけたのではないでしょうか。

 

占いによって違う結果が出るということが起こってくるのは、まさにこの「みている部分が違う」ということによって起こってくるわけです。

 

例えば恋愛占いであれば、その時点で命術で運気的には良かったとしても、それが相手の気持ちに直ちに直結しているわけでありません。

だからト術の占いでみると、今は相手は気持ち的に乗り気じゃないかも知れない……そんな答えが出てくることもあるでしょう。

 

しかし、あくまでもト術の結果は「今と短期的なこれからはどうか」をみているわけであり、これから変化する可能性は十分にあるのです。

…となると、もし違う結果、いや真逆の結果を目にしたとしても、不思議なことは全然ないということに気づかれたでしょう。


まずベースとなる「人生単位の地図(予定表)」の上に、具体的な「今の状況」が重なって、ひとつの結果が出ているのです。

 

しかもト術の具体的な結果は、気持ちの持ちようや行動パターンなどを変えれば、これからも変化していく可能性を孕んでいます。

そのことを踏まえて、まずは自分がみている占いがどのカテゴリーに当てはまるのか、またその特徴において、どこに着目していけばいいのか…そのように考えれば、仮に違う結果が出てもあわてる必要がないとわかるでしょう。

 

占術の特性を知りながら上手に利用していくこと。
これが占いをうまく人生に活かす極意なのです。

 

もう失敗はしたくない!人生が少しでも良い方向へと進むアドバイスがいっぱい!≫完全無料占いをもっとみる!

momoko.

author:momoko.

momoko.(ももこ) ●占い師 ●占い講師 ●ヒーラー&エネルギーマスター 福岡県出身。 或る霊能者のす...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す