ひな祭りは恋愛運上昇チャンス!その日に出来るおまじない

三月三日は桃の節句ひな祭り。この日にやると良いとされるおまじないとひな祭りの意味をじっくり解説していきます。

三月三日は桃の節句、ひな祭り。

女の子の節句とされていますが、ひな祭りの由来を知ると男女という括りを気にせずみんなで楽しむ素敵な行事になります。

そんなひな祭りにやるといいとされるおまじないをご紹介します!


おだいりさまとおひなさま~ふたりならんですましがお~

ということでもうすぐひな祭りですね!

桃の節句・女の子の節句など呼び方は色々ですが、春が来たなぁと感じる行事です。

 

今回はそんな春めかしい行事・ひな祭りに行うとっておきのおまじないについてご紹介していきます!

 

おまじないのご紹介に併せてまずはひな祭りについて説明しますね。

 

「女の子らしく」「男の子らしく」という言葉はもはや化石のような言葉になりましたが、暖かいほんわかした気候の時に行うひな祭り・これから植物の生長真っ盛りの時期に行う端午の節句、どちらも男女ともに楽しみたい人が楽しめるといいなと思います。

 

ということでまずはひな祭りについて。

 

あなたは知っていますか?結婚するために必要な条件は…【完全無料結婚占い】を見る!

雛祭り(ひなまつり)

ひな祭りとは女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事とされています。

男雛と女雛を中心としたひな人形・桜に桃の花・雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの食事を楽しむ節句祭りです。

 

雛祭りがいつごろから始まったのかははっきりとしていないそうですが、平安時代には紙で作った人形を川に流す「流し雛」の風習がすでにあったとされています。

 

当時の乳幼児の死亡率は現代と比較にならないほどに高く、赤ちゃんのうちに亡くなってしまうことも珍しくありませんでした。

そんな中で親は必死の思いで子の成長を願い、枕元に形代(かたしろ、身代わりのお守り)を置き魔除けとしていたそうです。

 

1年間災いから守ってくれた形代を春の雛流しで供養するというのがひな祭りの起源とされています。

つまり、ひな人形は形代として娘に襲い掛かるであろう厄災や穢れを人形にうつして避けるために誕生したものということです。

 

元々は親が子の成長と安全を願うためにできた習わしです。

ひな祭りが終わってもひな人形を出したままにしておくと婚期が遅れるという話がありますが、それが出始めたのは江戸時代。

 

「娘の厄災を受け止めてくれたひな人形をいつまでも飾っておくと良くない」ということが由来だったようで、根底には愛情と感謝があったということですね。

ひな祭りに関する恋愛運アップなおまじない

ひな人形を飾る

 

ひな人形を飾るだけで恋愛運・結婚運が上昇すると云われています。

ひな人形を飾り、三月三日には必ず雛あられや菱餅を飾って、その後食べましょう。


そして三月三日の夜にひな人形にお礼とともに自分の願いを伝えてください。

その後はきちんと仕舞ってあげてくださいね。

 

桃のお花を飾る

 

ひま祭りは桃の節句とも云われていますね。

季節の花だからというだけではなく、そこにはきちんと意味があります。

 

桃の花は邪気を払い良縁を呼び込んでくれるといわれていますので、ひな祭りの日に桃の花を飾って恋愛運を呼び込みましょう。

 

また、桃の香りを寝室に使うと子宝に恵まれるというジンクスもあるそうです。

 

お酒を飲む

 

お花を飾る意味と同様ですが、更に桃を体に取り込んでエネルギーにしてしまおう!ということですね。

ひな祭りでは雛あられや菱餅と一緒に白酒もお供えします。

ひな祭りの場合の白酒を甘酒と混同している方も多いのですが、本来は甘酒ではなく白酒をお供えします。

白酒とはみりんや焼酎などに蒸したもち米や米麹を仕込み、一ヶ月前後熟成させたもろみを軽く磨り潰して作ったお酒の事。

アルコールがしっかりと入っているため、子ども達は昔からひな祭りの時には甘酒を代用して飲んでいたようです。

 

お酒がダメな方は桃のジュースでもOKです。

桃のケーキやお菓子もひな祭りの時期はたくさんでているのでそういったものでも良いですね。

 

甘酒をピンクにして飲む

 

桃の節句の日に甘酒をほんのりピンクにして飲むと恋愛運アップにつながる!というおまじないが最近は主流になっています。

「ピンクの甘酒」で検索すると市販のピンク甘酒がたくさんでてきます。

 

重要なのは着色料でピンクに染めものではなく、天然由来のものを選ぶこと!

黒米という種類のお米を使うことでピンク色にしたり、紅麹を使ってピンク色にしたりと企業様の技術と工夫満載です。

原材料のところに着色料の記載がないものを選んでくださいね。

 

ピンク色のものを身に付けたり体に取り込んだりすると、恋愛運上昇だけではなく美肌や美容にも良いとされています。

なにより米麹から作る甘酒には美容効果満点!

筆者はここ7年ほど毎日米麹の甘酒を飲んでいますが、飲み始める前と比べると疲れにくくなりました。

 

肌の方は綺麗になる!というより肌荒れしにくくなるという感じですが、それでも十分な効果だと思います。

自然発酵の甘さとはいえ甘いので、米麹の甘酒と無調整豆乳を割って飲んでいます。

イソフラボンも摂取できて一石二鳥なので、米麹甘酒の無調整豆乳割りは本当におすすめです。

 

ということでひな祭りの由来とおまじないのお話でした。

由来を知ると両親に感謝を言いたくなりますね。

 

現役占い師多数!無料で恋愛指南してもらえるなんて…見なくちゃ損!!!

占者画像

監修者:鈴木理水

鈴木理水(すずきりすい) 福岡で活躍する霊眼鑑定士。 霊眼を用いたタロット占いや写真鑑定、数秘術鑑定などを駆使し、...

みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す