知っておくだけでも違う!避けた方が良い日はどの日?

大安・一粒万倍日という良い日があることは有名ですが、気を付けたことが良い日もあることはご存知でしょうか?物事によっては避けた方が良い日もあるので、目を通しておくと今後の参考になるかもしれません。

一粒万倍日に天赦日に大安。

良いとされる日は有名ですが、逆に気を付けた方が良いとされる日も同じぐらいあることはご存知でしょうか?

 

知っておくだけでも心もちが変わってくる、気を付けた方が良い日のご紹介です。

 

 

一粒万倍日・天赦日・寅の日・大安…。

 

良き日といわれる日をあげてみましたが、「知ってる!」「聞いたことある!」という方は多いのではないでしょうか。

 

良き日については知っていても、逆に気を付けた方が良い日についてはあまり知られていなかったりします。

 

悪いことより良いことの方へ目を向けた方が良いのですが、「こういう日もあるんだ~」と知っておくだけでも心持ちも心構えも違ってくるもの。

 

今回はそんな「気を付けた方が良い日」についてご紹介していきます。

 

結婚問題解決!誰にも相談できない悩みも安心!▲▼完全無料の占いで今すぐ結婚診断▼▲

 

仏滅・帰忌日・三箇の悪日・受死日・三隣亡・不成就日

文字の並びだけでもあんまりよろしくなさそうな雰囲気ですね。

 

今回は知識としてご紹介しますが、「こういう日もあるんだ~」と知っておくだけで良いのであまり振り回されないようにして下さいね。


仏滅(ぶつめつ)

大安や先勝といったいわゆる六曜に基づいた凶日とされています。

仏も滅するような大凶日という意味で六曜の中でも最も悪い日とされています。

 

仏滅の日に避けた方が良いのは結婚や入籍・車の納車や大きな買い物。


帰忌日(きこにち)

帰忌日とは天棓性(てんぼうせい)という星の精が地上に降りてきて人が帰宅するのを妨害するとされる日です。

なんと奈良時代から存在する凶日なのだとか。

 

帰忌日に避けた方が良いのは旅行・旅先からの帰宅。


大禍日(たいかにち)・狼藉日(ろうじゃくにち)・滅門日(めつもんにち)

大禍日・狼藉日・滅門日の三つをあわせて三箇の悪日といわれ、万事に用いてはならない日の中の1つとされています。

その中でも最も凶とされ帰忌日・三箇の悪日ているのが大禍日で、物事を始めると後に争いのもととなる日ともいわれています。

 

大禍日・狼藉日・滅門日に避けた方が良いのは結婚や入籍・新しい門出・旅行。


受死日(じゅしにち、じゅしび)

文字のニュアンスの通り最悪の日とされており、お葬式以外は何もしないほうが良いといわれています。

暦注では「●」と記されることが多いため「黒日(くろび)」と呼ばれることもあります。

 

受死日に避けた方が良いのはお見舞い・服薬・針灸・旅行。


三隣亡(さんりんぼう)

本来は「三輪宝」と書かれる日で「屋立てよし・蔵立てよし」という吉日として扱われていました。

しかしある年に暦の作成者が「よ」を「あ」と書き間違え「屋立てあし・蔵立てあし」つまり「悪し」としてしまい、意味が逆となり凶日となってしまったという説があります。

 

三隣亡は「屋立てあし・蔵立てあし」ということから建築関係の大凶日とされています。

また、高いところへ登ると怪我をするとも言われていますが、由来が書き間違えということなので迷信だという方も多いですね。

 

三隣亡の日に避けた方が良いのは土起こし・棟上げ・柱建て・地鎮祭などの建築に関すること全般。


不成就日

仏滅の次に有名なのがこの不成就日ではないでしょうか。

その名の通り何事も成就氏ない日とされ、結婚・開店・転職・契約・命名・屋移り等、事を起こすと凶とされる日をさします。

また、不成就日と一粒万倍日や天赦日が重なると効果が半減するとも。

 

不成就日に避けた方が良いのは借金・物を借りる・消費。

 

あなたは知っていますか?結婚するために必要な条件は…【完全無料結婚占い】を見る!

 

参考までにですが以下をご覧頂くとお分かりのように、暦上で不成就日はわりとたくさんあります。

 

1月→4日・12日・18日・26日
2月→3日・11日・14日・22日
3月→2日・10日・14日・22日・30日
4月→7日・12日・20日・28日
5月→6日・15日・23日・31日
6月→8日・14日・22日・30日
7月→8日・15日・23日・31日
8月→10日・18日・26日
9月→3日・8日・16日・24日
10月→2日・6日・14日・22日・30日
11月→8日・16日・24日
12月→2日・8日・16日・24日

 

こんなに良くない日があるの!?と思ってしまうかもしれませんが、案ずることなかれ!!!です。

 

こういった凶日が設定されるようになった時代と今はかなり環境が異なります。

 

今ではすぐに治る病気で命を落とす人も多く、衛生面が悪く死に至ること・法律や環境整備などによる犠牲もたくさんありました。

そういった時代背景の中で「出来るだけ気を付けて生きていけるように」制定されたのではないかと思います。

 

そういった大変な時代をへて、今の住みよい環境が作られていきました。

 

むしろ吉日ばかりの方がおかしいですし、これだけよろしくない日が多いということは、それでもやっていけるということ。

生きている人間は自分次第でいくらでも人生の先を変えていくことが出来る大きな力を持っています。

 

こういうことを知っておくと気持ちを落ち着かせることも出来ますし、引越し・結婚・起業などの大きなことをやろうとする時にはとても参考になります。

 

婚活に役立つ情報がいっぱい! 完全無料診断 ≫結婚鑑定し放題!!! 今すぐチェック≪

 

鈴木理水

author:鈴木理水

鈴木理水(すずきりすい) 福岡で活躍する霊眼鑑定士。 霊眼を用いたタロット占いや写真鑑定、数秘術鑑定などを駆使し、その...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す