プロ直伝!タロット占いの時期の読み方をこっそり教えます!

占いに相談に来られる方の1番人気はタロット! そのタロットを副業にする方も増えてきました。タロットは、本でもある程度解釈はできますが、占い内容の「時期」は本では分かりにくいもの。今回はその占いの解釈の「時期」についてプロも使っているやり方・解釈の仕方をお伝えします。これであなたもプロの占い師になれるかも。

 

占いを副業にしようと思われる方が増えました。
その中でも1番人気はタロットです。


タロットの本は沢山売られていて、ある程度は本でタロットの意味の解釈は出来ます。
その手軽さから大人気なタロットではありますが、占いの内容の時期については、本では分かりにくいかもしれません。


今日は、プロの占い師も使っている、タロット占いの内容の時期の解釈についてお伝えします。

 

 

そもそもタロット占いの当たる原理は?

タロット占いはどうして当たるのか、考えてみたことはありますか?
霊的なもの?なんか怪しいの?
そんなことはありません。

 

突然ですが、子供の頃に犬に噛まれた経験のある方は、犬が近寄って来るだけで怖いと感じますよね。
意識をしなくても無意識のうちに恐怖体験が蘇ります。
このように、人はこの無意識という意識レベルを、知らず知らずのうちに使って生活をしています。

 

タロットはこの無意識(潜在意識)にある、人の苦悩や快楽を意識化して、その方が何を避けたいのか。また、何が嬉しいのかなどを予測する道具なのです。
個人の無意識(潜在意識)よりも、もっと深いところの意識「集合意識」レベルでは、「全世界の人の集合意識が繋がっている」と言われています。


ですので、占い師がクライアントの代わりにタロットという道具を使って、集合意識からその方の個人の無意識にアクセスして、タロットカードに表出させているのです。
これがタロットの当たると言われている原理です。

 

タロットはとても自由なもの

タロットは「聞いた質問に答えが出る。」という、本来とてもシンプルなものです。
そしてオリジナル性の高いものでもあるのです。
本には「○○スプレッド」とあるように、タロットの置き方がありますが、これは初心者にも分かりやすいように形で記しているものです。


初めのうちは、どこに何を置けばいいのか分からないので、一通りのルールを作って、万人に分かりやすいようにしています。
しかし、元々オリジナル性が高いので「こうしなければならない」とか「このスプレッドを使わなければならない。」ということは、ありません。

 

プロの占い師さんはオリジナル性を重視しています。
場数を踏んでいるうちに、自分にとってしっくりと感じ取れるような、自分だけのオリジナルスプレッドを見つけて、それを使用している方も多くいます。

 

時期の読み方も原理は一緒なのです。
「私は時期をこのようなスプレッドで読みます。」と最初から決めておけば、タロットはきちんとそれに沿って、分かりやすいように答えを出してくれるのです。
自分でルールを決めれば、それで良いのです。
実はここが1番大事なのです。

 

とは言っても実際に、プロの占い師はどうやっているの?と知りたいところですよね。
私が使っている時期の読み方をご紹介しますので、参考にしてみてください。
そして、ご自身の使いやすいスプレッドを見つけられるのも良いことでしょう。

 

出会いは星の数ほど…なんて嘘!限られた出会いの中から見つけ出せ!最高の出会いって!?【完全無料出会い占】

 

タロットの時期の読み方

【カード全般の基本的な読み方】78枚のフルデッキ使用

 

・大アルカナ…これから起こる運命的なことを示しています。


・コートカード…質問の内容が「対人」の場合、その登場人物を直接さします。例えば、彼がいつ現れるか?という質問は、コートカードのペイジ・ナイト・キングがあるかどうかも重要になります。正位置で出た場合は、その月に彼が現れることを指します。但し、逆位置の場合はご縁が薄いです。


・小アルカナ…大アルカナから比べると、意味合いが弱めになり、本人の努力次第で変える事も可能です。

 

以上の事を踏まえて解釈していきます。


【月毎の読み方】その1

ホロスコープスプレッドで読むのが1番オーソドックスです。


・「○○は何月ごろになりますか?」という質問の内容に合わせて、下の図のように、1~12まで順番にタロットを置いていきます。


・占う側で「○月から12ヶ月間で占います。」と設定し、(1)にその「最初の月」の分のタロットを置きます。


・(2)以降は、「最初の月」の「翌月」にあたり、その後(3)・(4)…と順番に置きます。


・12枚(12ヶ月分)置き終わったら、どの場所(何月)にその占い内容に対して、良いと解釈できるカードがあるかをみて、達成できる時期を判断します。

 

 

【月毎の読み方】その2

・比較的、近未来を占う時は3枚引きで出します。


・この場合は、この3ヶ月間でどのように変化していくのか、時間の経過が分かりやすいスプレッドです。


・「このままだと、1か月後には○○になり、3か月後には△△になります。」と展開できます。

 

 

出会いのテクニックがいっぱい!!無料の出会い占いなのにこんなに詳細にわかるなんて!今すぐチェック≫

 

【スプレッドの中から時期を読む時】

・既に展開後で、その中で時期を解釈することもあります。


・その時は、1番メインになるカードの数字を読みます。


・例えば「Ⅲ」が出ていれば、3か月後や3日後など、「3」に関する時期と判断します。

 


【年を読む時】
・基本的にタロットは3ヶ月~半年ぐらいが正確であり、年単位は正確性に欠けてきますが、どの年が良さそうかを、参考程度に比べる場合として、読むことも出来ます。


・月が横展開に対し、年は下から上に向けての縦展開で置きます。

 

 

 

最後は行動が大事!

いかがでしたでしょうか。

 

占いの内容によっては、時期が重要になる場合もあります。
特にホロスコープスプレッドなどは12枚のタロットを展開していきますが、良いカードが出ないときもあります。

 

「このままでは最悪な1年になりそうだ。」と、がっかりしてしまいますよね。

そんな時は「時期」だけでなく、タロットの「アドバイス」も必要になり、良い方向へ導いていかれるように、行動していくことが何よりも1番大切な事です。

 

「この結果を良い方向に向かわせるには、私はどんな行動をすればいいでしょうか?」とタロットにアドバイスを聞いてみましょう。
そうすることによって、悪い結果でも、最終的には良い方向に向かわせることはいくらでもできるのです。

それが本来のタロットの使用目的なのですから。

 

「時期→アドバイス→行動する」

 

これが大事なプロセスです。
Be positiveniに行動していきましょう!


いつも皆様の幸せを願っています。
 

出会いを求める人必見☆あなたの運命の赤い糸はどこに繋がっているのでしょう?⇒⇒⇒無料鑑定はこちら!!

 

エト天命

author:エト天命

エト天命(えとてんめい) 東京都出身 見えない世界(魂)が見えたり感じたりする幼少期。 自分はどこから来て、どこへ行...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す