【ジューン・ブライド特集】6月の花嫁は幸せになる!?好きな人と結婚するための6つのおまじない

大好きな彼と結婚したい。

結婚するならば、幸せになれると言われている、6月の花嫁になりたい。

 

そう思われていらっしゃる方のために、ジューンブライド(June bride)と言われている「6月の花嫁」について記述していきます。

 

6月の花嫁は昔から幸せになると言われていますが、「何故に6月?」と思われるでしょう。

好きな人と結婚できるおまじないと一緒に、ご紹介してきます。

 

これから彼と結婚を控えている方も、これから彼氏を探そうとしている方も必見です! 

 

「好きな人と、皆に祝福されて結婚したい!」
女性ならば1度は思ったことはあるのではないでしょうか?


真っ白なウエディングドレスに身を包み、光り輝く教会で愛を誓う。
外に出れば、皆からのお花のシャワー…憧れますね。


今回は、好きな人と結婚できる!?おまじないと、幸せになれると言われている「6月の花嫁」についてお話していきます。

 

あなたは知っていますか?結婚するために必要な条件は…【完全無料結婚占い】を見る!

 

なぜ「6月の花嫁」ジューンブライドは幸せなのか

1.結婚を司る神様からの祝福

ジューンブライド(June bride)とは、ヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのことです。


諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妻で、結婚や出産を司る「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。


また、ローマ神話の説では神主ユピテルの妻で、結婚の象徴とさせている女神ユノが守護する月も6月です。


よって、6月に結婚すると、結婚を司っている神様からの祝福を貰えて幸せになれるという説です。

 

2.ヨーロッパでは結婚が解禁の時期

かつてのヨーロッパでは、3~5月は農作業の繁忙期で結婚が禁止されていた時期がありました。


そのため、結婚式を待ちわびていたカップルが一斉に6月に結婚式をあげることが多くなり、多くの人たちからの祝福を受けるので、幸せになれると言われています。

 

3.ヨーロッパでは結婚式にふさわしい季節だから

ジューンブライド(June bride)となる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節なのです。


特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。


いずれにしても、海外からの影響を受けて日本でもジューンブライド(June bride)「6月の花嫁」が取り入れられたようです。

 

婚活に役立つ情報がいっぱい! 完全無料診断 ≫結婚鑑定し放題!!! 今すぐチェック≪

 

ジューンブライド(June bride)を上手く取り入れよう

日本では梅雨の時期に差し掛かり、お天気が気になるところです。


また今は、人と人とがなかなか密接に会うことがままならない状態です。


でもやっぱり6月に結婚したいな!
そんな方にはアイディア次第ではジューンブライド(June bride)を取り入れられます。

 

オンライン結婚式

人と人が会ってということ自体、ままならないような状況になっている今、オンラインを使っての結婚式はどうでしょう。


遠くに住んでいる方もこれならば参加できますし、特にご高齢の親族などの移動はかなりの負担です。


オンラインであれば、移動もなく沢山の方にウエディングの姿を見てもらえます。


現在は結婚式場でも、オンライン結婚式の相談を受け付けてくれるところもあるようですし、こじんまりと結婚式をあげたいというならば、ZOOMなどのオンラインシステムを使用して結婚式なども検討されるといいと思います。

 

入籍日(婚姻届出)を6月にする

一般的には、6月に挙げる結婚式のことをジューンブライドと呼ぶことが多いようですが、「挙式」のことを指すか「入籍(婚姻届出)」のことを指すか正式な決まりはなく、6月に入籍(婚姻届出)することをジューンブライドと呼んでも問題はありません。


天候などが心配な方や、人と人とが会うことを今は避けたいという方は、挙式は別の月にして入籍日のみ6月を選んでみてはいかがでしょうか。

 

結婚診断に関するまとめはこちら ≫ 完全無料結婚鑑定★婚期&婚活ズバリ! ≪

 

好きな人と結婚するおまじない!?

さて、好きな人と結婚したい!彼と生涯の伴侶として人生を送りたい!という方に必見です。


ここでは結婚できるおまじないをご紹介します。

 

1.鏡のおまじない

結婚したい相手と2人きりで一緒の鏡に写ることで、相手の気持ちを自分に引き寄せる効果があるといわれているおまじないです。


鏡には、その人の姿だけでなく将来の姿も反映するとも言われている神聖なもの。
ポイントは、自分とお相手の2人きりで鏡に写すこと。


片思いのあなたは、一緒に鏡に写って貰うようにお願いするのも難しい場合は、遠くから手鏡でそっと好きなお相手を鏡に写してみましょう。

そこにあなたが一緒に写るようにして、2人一緒に鏡に写します。


「将来の2人の姿です。結婚します。」とおまじないの言葉も忘れずに宣言します。

 

2.赤い糸のおまじない

結婚したい相手の誕生日に、その方の名前を3回読んで、1日中自分の左手の小指に赤い糸で結んでおくことで、その人と一緒に生きていく運命を引き寄せるおまじないです。

 
大切なのは、その人の誕生日が終わるまで糸がほどけないようにすること。 
ほどけてしまったら効果がなくなるので注意してくださいね。

 

3.花のおまじない

ピンクの花と黄色の花を1本ずつリボンで結び、自分の部屋に飾ります。
ピンク色はあなた、黄色は相手を指し、2つの花が枯れるまでリボンで結ばれているのです。


リボンがほどけてしまうと効果がなくなるので注意してください。
その花達の生涯を自分達の生涯に投影させたおまじないです。

 

4.トイレの掃除をまめにおこなう

トイレをいつもきれいにしておくことは、昔から「いいお嫁さんになれる」と言われてきました。
水の流れを良くすることは、心の害するものがなくなり、いつも前向きな気持ちで過ごせる効果もあります。


また、トイレをはじめとする台所や風呂場を清潔にしておくことは健康や美容にも関係してきます。
いつも健康的で前向きなあなたの事を、結婚したい相手の方は振り向いてくれるかもしれません。

 

5.インカローズのパワーストーンを身に着ける

ピンク色のパワーストーンのインカローズは、愛情をより一層深めてくれます。
そろそろプロポーズして欲しいな。もっと仲良くなりたいな。という時に、このインカローズのパワーストーンを身に着けて相手と会うといいでしょう。


とても綺麗なピンク色をしているので、顔まわりにつけるとより一層顔色が良く見えるので、ピアス・イヤリングやネックレスタイプがお勧めです。

 

6.結婚した後の名前を書いて月のパワーを取り入れる

新月の日に、結婚したい相手と結婚できた時の自分の名前を書いてみましょう。


例えば、小林太郎さんと結婚したいあなたは、山田花子さんだったとします。
結婚し嫁いだ場合は、相手の姓に入るので「小林花子」さんになりますね。
なので「小林花子」と紙に書きます。


この時のポイントですが、紙の大きさはB5以上の白い紙がいいでしょう。
そこに縦書きで、フルネームを大きく書きます。
その際に、例えば「私は小林太郎さんと結婚して、小林花子になりました。」と宣言しながら書くのです。


その紙を新月のその日から3日間、枕の下に入れて眠ります。
3日経ったらその紙は破棄して構いません。


新月はこれからスタートすることや、宣言することに力を貸してくれます。
是非やってみてください。

 

結婚問題解決!誰にも相談できない悩みも安心!▲▼完全無料の占いで今すぐ結婚診断▼▲


結婚は幸せのゴールでもありますが、同時に努力して幸せにしていくスタートでもあります。
これから先に待ち受けているものが全て幸せであれば、こんなに嬉しいことはありません。


しかし、地球上は学びのフィールドです。
楽しいことしんどいこと、色々な経験が待ち受けています。
どんな時も結果をポジティブに受け止める習慣を身に着けたいものですね。


いかなる時も2人で苦境を乗り越えて行って欲しいものです。
幸せを願っています。

 

エト天命

author:エト天命

エト天命(えとてんめい) 東京都出身 見えない世界(魂)が見えたり感じたりする幼少期。 自分はどこから来て、どこへ行...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す