体の不調には意味がある!ボディサインに目を向けよう

体調がすぐれない…そんな時は誰しも気分が落ち込みがちになりますが、それがスピリチュアル的なサインになっている場合も多くあるということをご存じでしたでしょうか。今回は、ヒーラーでありエネルギーワーカーでもある筆者が、体が発しているサインの代表的なものをご紹介してみたいと思います。

筆者の本業は占い師でありますが、それと同時に十数年ほど前からヒーリングやエネルギーワークも行うようになってきました。

 

それに関連して、体の不調をスピリチュアルな観点からみた場合の勉強をしたことがあり、それが非常に納得がいくものでありましたので、今回はそれを皆さんにもご紹介してみたいと思います。

 

 

体の不調は心に原因がある?

私たちは、体に不調があるとどうしても物理的な原因にばかり目が行ってしまいますが、実はそればかりではないということが、ここ数十年でわかってきています。

 

物理的な体だけではなく、心にも目を向け両面からとりくんでいくことで、実に多くのことがわかってくるのです。

 

「心と体は表裏一体」。
心の側から取り組んでいくことで、不調が和らいでいくばかりではなく、何らかの気づきも同時にもたらされるでしょう。

 

日常の中で多くみられる症状について、以下に少し書いてみたいと思います。

 

人間関係も恋愛も全ては”相性”が基本です!恋に迷いを感じたらまずは【無料相性占い】

 

症状別にみるボディサイン

では実際にどのようなボディサインがあるのか、その症状ごとにご紹介したいと思います。

当てはまる症状が出ている方は、ぜひご参考になさってみてください。


【胃の不調】

胃に関連するトラブルは、その人がある出来事やある人のことを「消化しきれない」ことと関連しています。

 

新しい考え方や状況に抵抗して頑固になっている、または怒りを感じている状態であるといえるでしょう。


自分のやり方や意にそわないことに抵抗することによって、こだわりが捨てきれないのかも知れません。

 

胃の不調に悩まされている方は、まず「全てをコントロールしようとしない」ことを実行してみましょう。

 

自分の思い通りにならないのは、あなたが無力だからではありません。
周りの人々を受けいれることで、あなた自身もまた進化することができるのです。


【腸の不調】

腸のトラブルは、自分にとって良いと思われることを吸収できていないこと、また小さいことばかりにこだわって全体をみることができていないことを示しています。

 

例えば出来事の一部が気に入らないからというだけで全体を否定してしまったり、少しだけ足りない部分があるからと必要以上に不安になってしまっているかも知れません。

 

古い信念にこだわって有益な考えを拒絶したり、大きな矛盾を抱え込んでしまっている場合もあるでしょう。

 

もし腸の不調に困っているのなら、まずは自分をもっと評価してあげることが重要です。

 

その上で古いものや考えを手放して、新しいものや出来事が入ってくるスペースを作りましょう。
物質面で不足感を感じている場合には、既に多くのものを与えられているという事に気づきましょう。

 

【さちこい無料相性占い】想像以上の的中率に驚き?!あの人とあなたが生まれ持つ「真実の相性」を暴きだします!!


【頭痛】

頭痛に悩まされている人は、自分自身の評価が低く卑下している場合に起こりやすくなっています。

 

自分の欠点ばかりに目を向け、自分を責め続けているのかも知れません。

 

自分に対する要求が高すぎて、自分を評価することを忘れ、自分を受け入れようとしないでいる状態であるといえます。

 

また失敗をしてしまった自分を忘れられず、人の先頭に立って進むことを恐れている場合もあるでしょう。

 

頭痛にいつも悩まされているという人は、まずは「あなた自身」を取り戻すことが大切です。

 

他人に振り回されたり合わせたりする事ばかり考えず、自分のニーズが何だったのかを思い出しましょう。

逆に他者に抵抗ばかりしている人は、「恐れ」が原因である場合もあるので、自分が何を恐れているのかに気づくことが重要であるといえるでしょう。


【喉の不調】

喉の痛みと呼吸困難な状況をともなっている場合は、あなたが人生に対する情熱を失っていることをあらわしています。

 

悲しみや絶望、失望などに苛まされて、生きる意欲が失われているのかも知れません。

 

もしこうした症状がある場合は、どんな人も、どんな状況もあなた自身を封じ込めたりできないということを思い出してください。

 

生きることを大切に、人生に生きる喜びを作り出せるのは、あなただけなのです。

 

また喉が腫れて痛みを感じている人は、言いたい言葉を抑え込んで飲み込んでしまっているのが原因の場合があります。

 

その多くは、言っても聞いてもらえないのではないかという恐れや、いうことによって嫌われてしまうのではないかという恐怖心からであるといえるでしょう。

 

逆に相手に対して「言い過ぎた」と感じている場合にも、喉の痛みや声が出にくいといった症状に表れてくることもあります。

 

もしも喉が腫れて痛んだり、声がかれて出にくくなってしまった時には、まず自分自身の考えは、周囲の人たちの考えと同じくらい大切なのだということを思い出してください。

 

もしかするとあなたの考えを気に入らないという人がいるかも知れませんが、そもそも全ての人に好かれることなど不可能なのです。

 

自分自身に、思った事を自由に表現する権利を与えましょう。

 

 

体のサインを見逃さないで

このように、体の不調は日々の生活の中で様々なサインを送っています。

 

同じ部位に同じような症状が繰り返し現れる場合は、特に自分の心の声に耳を傾けてみることが重要でしょう。

 

心と体はつながっています。

 

本コラムをお読みいただくことで、心の状態を自ら知ることが、体の不調を軽減するひとつの手段になりうるのだ…ということを知っていただけましたら幸いです。

 

無料でも手抜きはしません!恋に悩むあなたに“相性占い”でスペシャルアドバイス!

 

momoko.

author:momoko.

momoko.(ももこ) ●占い師 ●占い講師 ●ヒーラー&エネルギーマスター 福岡県出身。 或る霊能者のす...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す