現役占い師が伝える!!占い師になるための近道

働き方改革で副業もOKになった会社も増えてきました。副業するには何がいいだろう? せっかくだから興味のある「占い師」になれないだろうか? 占い師になるにはどうすればいいのかな? 金額はいくらかかるものなのかな? そんな方も少なくないと思います。今回は、現役占い師が、占い師になるために必要な学びやかかる金額、独立するにはどうすればいいかを、さちこい限定でお伝えします。

さて占い師になるぞ!と決めたら、何をすればいいのだろうかと、入り口に迷う方もいらっしゃいます。


まず最初に必要なのは、占術(せんじゅつ)です。
占いの術ですので、占い師には必ず身に着けていなければなりません。
では何を学べばいいのか?悩みますよね。


正直、その方の好みや覚えやすさも左右されますので、何がいいとは一概には言えません。
しかし、プロとしてお金をいただくのであれば、3種類の占術は身に着けておいた方が、占いの幅も出ますし、結果として深い占いが出来ます。


まずはその3種類の占術から説明していきます。

 

3つの占術の特徴

占術には、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の3種類があります。


それぞれに特徴があって、コンビネーションでみていくのが、今は一般的だと思います。
また、ひとりのクライアントの鑑定時間が長くなると、1つの占術のみで鑑定して行くのには、はじめのうちは限界を感じたりします。


自分に自信をつけて、長く占い師を継続するためにも、やはり3種類の占術は身に着けておきましょう。
時間やお金の制約がある場合は、期間をずらしながら学んでいくことをお勧めします。

 

1.命術(めいじゅつ)


生年月日や出生時間など、生まれた時に定められた不変的な情報をもとに、統計的に占うものです。
ですので、先天的な特徴や訪れる運勢などを占うのに適しています。


また、相手がその場にいなくても、生年月日さえ分かれば占うことも出来るので、相手の運勢や相手との相性を占うことが出来ます。
逆に相手の気持ちなどの具体的なことを占うには適していません。

 

 主な占術:四柱推命・九星気学・占星術・数秘術・算命学など

 

2.卜術(ぼくじゅつ)


偶然的に出たカードなどで占っていくものです。
不変的な命術とは違い、質問に対して答えを出すといった感じで、変動します。


この状況でこのまま行ったら、未来はどうなるの?など具体的な質問が得意です。

ここに時間の流れも加わり、過去から今、そして未来はこうなっていくという風に、一連の流れが分かります。


また、相手がその場にいなくても生年月日や名前が分からなくても、占える範囲が広いため、クライアントのニーズも多い占術です。
そのため大半の占い師の方々は、卜術を身に着けていらっしゃいます。


また、手軽に出来ることから、占い師の最初の入り口に卜術から学ばれる方も多くいらっしゃいます。

 

 主な占術:タロット・易・ルーンなど

 

3.相術(そうじゅつ)


もののカタチ・あり様から占うものです。
よく聞くのは手相・家相、画数をもとに占う姓名判断などですね。


その人となりが分かるのが手相です。

鑑定所に所属されていらっしゃる占い師は、手相をみることが出来る先生が大半です。


また、悩みがないクライアントでも手相は別で、「手相はみてもらいたい!」という方は多くいるものです。
クライアントを他の占術に導いていく入り口としても、手相から入るのは適していると思います。

 

 主な占術:手相・人相・家相・姓名判断など

 

恋愛上級者も見てる!恋愛で困ったときの解決法がわかる!! すべての恋愛占いがタダ!!

占いの勉強は何ですればいいの?

占いを学ぶには大きく分けると3つに分かれます。

 

1.本で学ぶ


命卜相ともに、沢山の教本が出版されています。
どんな占いなのかを知る程度であれば、本を見て学ぶことは出来ます。
金額も様々ですが、例えばタロットの初心者向けの本であれば千円台で購入できます。


【タロットの本の一例】

●タロット・リーディングの教科書
手賀敬介著
ナツメ社 1,800円+税
●78枚のカードで占ういちばんていねいなタロット
LUA著
日本文芸社 1,700円+税

初心者にも丁寧に書かれていますので、この本をもとにある程度の占いは出来るようになります。
ただ、時間がかかることや質問があっても聞くことが出来ないことが難点です。

 

2.師匠から学ぶ


お弟子さんをとっている方から学ぶ方法もあります。
今はかなり少なくなってきたように感じますが、昔は個人から学ぶことが主流でした。


師匠につくには、人からの口伝えや紹介、お気に入りの占い師にお願いをして学ぶなど、少々狭き門になります。
また、師匠から学ぶにはそれなりの年月がかかることになると思います。
金額もその師匠の決めた金額ですので、一概にいくらとは言えないものです。

 

3.スクールで学ぶ


今、占いスクールは非常に需要があり、沢山のスクールが出ています。
単純に占術を学ぶ。
占術を学んだあと、提携の占い館に出演できる。
の2通りに分かれます。


学んだことを確実に活用して、占いをしたいというのであれば、提携の占い館に出演ができる方をお勧めします。
何故ならば、せっかく学んでも、実際にそれを活用し占って行くには、個人では少々ハードルが高いのです。
提携の占い館があれば、デビューは他の道よりも近道ではあります。
 

【占いスクールの一例】

アルデメイア・カレッジ 東京・恵比寿
セレス学院 東京・代官山
アルカノン・セミナーズ 東京・渋谷
バランカンメソッド 東京・新宿
占いハートフル 東京・白山

など、コースでも単科でも選択ができ、提携の占い館があるスクールであれば、規定に基づきデビューも出来ます。

 

受講の金額は単科であれば、3~10万円程度
占い師になるための総合コースであれば、30~80万円程度が主流です。
スクールによって金額はまちまちですので、無料の説明会に参加するのも良いでしょう。

 

デビューまでの期間は、最短で3か月というところもありますし、1年以上学んでからというところもあり、そのスクールによって全く違うので、よく比較することが必要になります。

 

上記のスクールは東京の一例ですが、Googleで「占い スクール 〇〇(地域)」で打ち込むと、近くの占いスクールが検索出来ます。
 

現役占い師多数!無料で恋愛指南してもらえるなんて…見なくちゃ損!!!

どうやって独立・デビューするの?

先に述べた通り、占い館でデビューする占い師も多いです。
しかし、対面はちょっとしたくないという方は、SNSを最大限に駆使して活動される方法もあります。
ご自身でSNSで無料鑑定の場数を踏まれ、そのあとに有料鑑定に切り替えていく方法もあります。


その時に必要なのは、ブログ・インスタグラム・Twitter・YouTubeなどで発信して、クライアントを集めていくことになりますので、SNSに強いことも必要になってきます。
しかし、孤独に占っていくと相談する相手もいないので、行き詰った時に誰に相談すればいいか悩むことも出てきますので、処理方法をどうしたらいいのか、先に見つけておくことも重要です。

 

独り身で恋愛下手のあなたへ-全て無料で占える恋愛占いがこんなにいっぱい!即チェック!!

占術以外に占い師に必要なことは

まずはご自身がどのような占い師になりたいのか?想像してみてください。
それが本来1番最初にやることです。

目指していく方向性もなくて、目の前に出てきた占い学校をただただ闇雲に申し込んでしまっては、お金ばかりかかってしまいます。


自分はどのような占い師になりたいのか、よく分からないという方は、一旦占い師に占ってもらうことをお勧めします。
その占い師の雰囲気・優しさ・厳しさ・声のトーン・傾聴の仕方など、占術以外のところも含めて観察するとよいでしょう。

 

手相でみてもらって、目から鱗が剥がれ落ちるようだった。
タロットでみてもらって、相手の状況がドンピシャでびっくりした。
占星術でみてもらって、彼との相性がピッタリで未来に希望が持てて、とても嬉しかった。
など、占いは占うだけでなくて、そこに「感動」というものが介在しているのです。


相手に「感動」を与えられる占い師は、どんなことをしているのか?どんな話し方をしているのか?悪い結果が出た場合どのように伝えてくれるのか?など、ご自身でも占ってもらい確かめて行かれるのも、占い師になる近道だと思います。

 

是非「感動を与えられる占い師」を目指して学んでいって欲しいものです。

 

成功を祈ってます。
 

望みが叶う恋愛術 無料の恋愛占いから学ぶ恋の叶え方! たくさん見ても完全無料 ≫

 

エト天命

author:エト天命

エト天命(えとてんめい) 東京都出身 見えない世界(魂)が見えたり感じたりする幼少期。 自分はどこから来て、どこへ行...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!
  • 新着占いコラム
  • 人気占いコラム

目的から占いを探す