易海陽光

易海陽光
易海陽光(いかいようこう)

中国の名門大学である北京大学、清華大学、浙江大学などで「易経」を教え、香港国学研究院名誉院長を務める劉文元教授の元で梅花心易、四柱推命、奇門遁甲、大六壬など、多様な占術を取得。

広島をはじめ、東京、大阪などで中国伝統の易経風水、梅花心易、四柱推命、『「易経」全巻詳解セミナー』コースと『住居・事務所・車風水などの「日常生活風水シリーズ」』講座を開催。
今後、鑑定師養成のための風水梅花心易、四柱推命などの講座も開催予定。

●中国揺鞭派風水第七代目伝人
●中華易経科学院高級研究員
●日本現代風水研究会秘書長

中国揺鞭派風水(ようべんは)とは?
200年以上前、清の王朝嘉慶皇帝の時代に、専属風水師であった凌禎松が、古来の八つの風水流派の技法をまとめたのが揺鞭派風水の始まりです。
以降、揺鞭派風水は後世に引き継がれ、現在は第六代目掌門秦倫詩は、2010年に中国人民大会堂で「中国伝統文化フォーラム・中国易学博覧学術研究会」の主席を務めた他「中国易学シリーズ」(全10巻)の著者でもあり、揺鞭派風水はじめ、風水文化を世界へ広めた人物として知られています。

目的から占いを探す