望遠鏡の夢は何を暗示している?

望遠鏡の夢は何を暗示している?

望遠鏡に関する夢は、夢占いでは「将来の展望や洞察力」を象徴するものだとされています。例えば、望遠鏡を覗いた先に、誰か特定の人や特定の人のものがあったなら、あなたはその人に関心があり、その人を無意識化で観察しているということを暗に示しているということです。


また、覗いた先が暗い景色だったり、何も見えず真っ暗だったりした場合、それはあなたが自分自身の将来に不安を抱いていることの表れだと考えられます。明るい景色や明るい色が見えている場合はその反対で、自分の将来に希望をもっていることの暗示だと考えられるため、特段心配はいりませんが、暗い景色が見えたあなたは、自分の不安の原因を解消することが必要かもしれません。


望遠鏡の夢を見た方に共通して言えることは、「見えているものはあなたの気持ちに必ず関係している」ということです。望遠鏡に関する夢を見た場合、夢を通して自分が何を意識して生きているのか知ることができる良い機会になるでしょう。

 

 

関連の夢

#覗く夢 #天の川の夢 #星空の夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す