試験やテストの夢は何を暗示している?

試験やテストの夢は何を暗示している?

試験の夢は学生のみならず大人もよく見る夢です。
実際に試験を控えていないのに試験やテストを受ける夢は、深層心理下での焦りや自己評価の低さのイメージになります。

夢占いでは、夢の中の試験結果は逆夢と診断することが多いようです。

 

試験やテストを受ける夢

試験やテストを受ける夢は、自分の実力を試されている状況かつそれが不安だと感じている時に見ます。

 

試験の問題が難しくて解けない夢

テストの問題が難しくて悪戦苦闘する夢の場合は、あなたが感じているプレッシャーはかなりなものです。
少しリラックスして失敗を恐れずに物事にトライしてみるといいでしょう

 

 

試験の問題がスラスラ解ける夢

警告夢ととらえたほうがよさそうです。
あなたが抱えている問題について見通しが甘いことを夢が教えています。
いい夢をみたからといって油断しているとガッカリ評価をされそうです。

 

 

試験の終了時間が迫って焦る夢


試験の時間がもうすぐ終わるのに問題がまだたくさん残っている夢は、そのままズバリ焦りを表しています。
実際に間に合わないわけではありません。

自分のやり方でいいか迷いもあるので、周囲の助言を受けるなど、自分の中の緊張をコントロールしてみてくださいね。

 

 

試験勉強をする夢

社会人なのに学生に戻って試験勉強をしている夢は「このままではいけない」と思っている表れです。
日々の仕事のほかに、新しいスキルや資格の取得、自分磨きや異業種交流など、自分を成長させることを始める時期であると夢が暗示しています。

 

 

試験勉強をしてなくて焦る夢


社会人なのに学生時代の試験の夢を見て、しかも勉強してなくて焦る状況の夢は、「不安と焦り」です。

今の仕事を進めるにあたり、スキル面で不安を感じていたり、あるいは同僚と比較して劣等感を感じていたりなどです。


「自分はこのままでいいのか」という焦りがこの夢を見せます

自己評価が低い人は特に見ることが多いでしょう。


できることを着実にやる、できないことは素直に認めていちから習う、ということを心がけて、かつ成長した自分を認め、自分で自分をほめましょう

 

 

大学受験の夢

大人になっても、大学受験やセンター試験の夢を見ることがありますね。
または卒業試験でも。
正念場だった試験が夢に出てくる場合、自信のなさとリンクして過去の正念場が夢として再生されます。
大変だったあの試験は乗り越えたのです。

できる自分もできない自分もありのままを認めましょう

 

試験に落ちる夢、赤点の夢、不合格の夢

実際に試験を控えていて試験の結果が悪い夢を見た場合、夢占いでは逆夢といわれています。
というのは、夢に刺激を受けて「落ちたくない」と頑張るからです。

試験を控えていないのに、これらの夢を見た場合、今の生活がベストではないことを告げています。
もっと努力や工夫で改善できることを教えています。

 

試験に合格する夢

実際に試験を控えていて試験に成功する夢を見た場合、夢占いでは逆夢、試験に落ちるといわれています。
気を引き締めて、勉強しましょう。

試験を控えていないのにこれらの夢を見た場合は、苦労から早く解放されたい心理を表しています。

 

試験問題の予知夢

実際に資格試験や定期試験など、試験を控えて勉強に励んでいる状況の場合、試験の問題が夢の中に出てくる場合があります。
その問題は、脳が情報を整理して重要だと判断して出てくるイメージなので、実際に問題になることがよくあるようです。

 

関連の夢

#テストの夢 #コンテストの夢 #勉強の夢 #面接の夢 #教室の夢

 

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す