眼帯の夢は何を暗示している?

眼帯の夢は何を暗示している?

「眼帯」は眼を保護する役割があります。眼帯をしている夢を見るということは、自分を守ろうとしている表れです。実際に傷つくのを恐れていたり、都合の良い言い訳をしていることがあり、現実から目をそらそうとしていると考えられます。

一方、誤った判断をしている場合もあります。


眼帯をしている夢占いの根本的な意味は、正しい判断が必要であるためしっかりと物事を捉えて判断し、実行することが大切です。
また、眼帯をしているということは、目を怪我しているのか、目が腫れているのか、いろいろな理由があります。

 

目を怪我している夢には、正しく物事を判断しなさいといった警告のメッセージを持ちます。間違った判断からトラブルに巻き込まれる可能性があるため、何か見落としていることがないか、慎重に自分の判断を振り返る必要があります。

 

目が腫れる夢は、物事の見通しが悪くなるという意味を持ちます。周囲の人に対して、間違った評価や判断をしている可能性があります。特に、付き合う相手についてはきちんと見極めることが大切です。

 

 

関連の夢

#病院の夢 #包帯の夢 #痒い夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す