幼なじみの夢は何を意味している?

幼なじみの夢は何を意味している?

幼少期から時を共有してきた幼なじみは、人生での人間関係の基礎とも言える存在です。

幼なじみの夢は現在の対人関係や、恋愛関係を意味するものと考えられています。
また、その意味は同性か異性かによって意味が違ってきます。

 

同性の幼なじみの夢を見ると人間関係は良好

同性の場合、夢の中で話をしているようならば人間関係が良好であることを意味します。
周りとうまく付き合っていることでこのような夢を見るのです。
新たに人間関係を作らず、今の人との繋がりを大事にするように心掛けていきましょう。

 

異性の幼なじみの夢は恋愛関係を意味する

異性の幼なじみの夢は恋愛関係を示唆するものであります。
今現在している恋愛が順調に進んでいることを意味しています。

 

片思い中のであれば恋愛が一歩前進

夢をみた時片思い中である場合は、その恋愛が一歩進んだものになります

 

交際中の人がいれば良好な関係が長続き

現在付き合っている人がいる場合は、二人の関係が大変に良好で長続きすると考えます。

 

同性異性問わず幼なじみと喧嘩をしている夢を見た場合

男女問わず幼なじみと喧嘩している夢を見た場合、親しい人との関係が悪化することを意味しています。

自分の行動を見直す必要があります
親しい人だからといって自己中心的な行動を取っているかもしれません。
一度振り返って考えを改めてみることも大切です。

 

関連の夢

#昔の夢 #懐かしい夢 #ふるさとの夢

 

 

 

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す