銀色の夢は何を暗示している?

銀色の夢は何を暗示している?

銀色は、精神的な豊かさを暗示しています。金色のように派手な鮮やかさはないものの、上品に美しく光り輝きます。銀色の輝きが強い場合には、精神的に洗練されていて愛情にも満ち溢れています。


信頼できる恋人や家族、友人などに恵まれている状況です。物質的な豊かさとは異なり、経済的に貧しくても充実した毎日を送っていることもあります。貧しいことが気にならないほど、愛情に満たされているのです。


銀色の輝きが鈍く、くすんでしまっている時には、精神的に不安定になっている事が考えられます。輝きが全くない時には、自分の心の中に大きな不満を持っています。仕事や人間関係などで悩みを抱えていたり、ストレスを感じていることもあるでしょう。

 

くすんだ銀色の輝きを取り戻そうと磨いている夢を見た時には、失った愛情を再び手に入れたいと望んでいます。人間関係を元通りにしようとしているのです。磨いても磨いても輝きが元に戻らない時には、愛情を取り戻せないことを感じているのかもしれません。

 

 

関連の夢

#魚の夢 #UFOの夢 #宇宙人の夢 #スプーンの夢


あなたは他にどんな夢を見ましたか?

さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す